2021年03月01日

南予

この時期ならもう繁忙状態を脱しているだろうと思って休みを取ってあったのが、若干の見込み違いもあり、繁忙状態から脱する(と思いたい)まさに端境期に当たってしまい、しかし休みました。3連休。若干リモートで仕事したけど。

で、初日はすっきりと目覚め、若干の用事をこなしつつ「どこに行こうかな」と考えているうちに昼。ANAの特典航空券も当日だと申し込めないしな……と思いましたが、チケットショップで株主優待券を買えば正規料金の半分になるということに気付き、取っちゃいました。松山便。

夏以来の人たちとちょっと会って、翌日は南予に独りドライブ。
愛媛県最南端の町、愛南町・外泊(そとどまり)の「石垣の里」。
210301sotodomari1.JPG
幕末~明治期に、近くの中泊地区の二男、三男が山を開いてできた集落で、そのときに出た石を使って風や塩害から家屋を守るための石垣を作ったのだそうです。
210301sotodomari2.JPG
独特な風景です。ドラクエっぽい。
210301sotodomari3.JPG
あと一等地は上のほうと下のほう、どっちなんでしょうね。下のほうが浜に出やすくて便利な気はするんですが、やっぱ山の手か。上のほうに立つと、下のほうの家の庭とか窓とか丸見えでした。上だな。

で、途中の温泉施設みたいなところで昼飯食べました。
地元名産のヒオウギ貝。この貝殻の色は天然だって。まじ?
210301hiougi.JPG
結構おいしかったです。

外泊に行くだけで2時間半かかって、戻りがてら宇和島市遊子(ゆす)の水荷浦(みずがうら)段畑へ。というかここに行くのも結構細い道を延々くねくね運転することになります。
210301uchiumi.JPG
でも今回はドライブそのものが楽しかった。海辺の生活の中を走り抜ける。ここに生まれて働いて死ぬ人たちがいるんだなと思うと異世界に来た感じがします。
で、着く。わあすごい。
210301danbata1.JPG
ここまでして畑作せなあかんのか。
210301danbata2.JPG
振り返ると海がほんときれいで。内海は海の向こうに陸地が見えるのがいつまでも新鮮です。
210301danbata3.JPG
結局ほぼ1日運転してました。320km走ってしまった。
210301iyonada.JPG
伊予灘SAからの夕暮れが見られてよかった。

翌日は砥部町に行って砥部焼のコップを一つ買いました。
210301tobeyaki.JPG
白地に青の唐草、厚手のボディが特徴だそうです。
210301tobeyaki2.JPG
職場に置いて、これでアイスコーヒー飲もう。
そんで大街道に戻って、大入亭で松花堂弁当(980円!)いただいて帰りました。
210301oiri.JPG
月曜は雨の予報でしたが晴れてよかったよかった。
あさってくらいまでは笑顔で仕事できる気がする。
ただし19度&強風の松山でむちゃくちゃに花粉症が出たのでこの先心配です。

2021年02月25日

舞台裏と確定申告

堺市におととしオープンした芸術文化ホール「フェニーチェ堺」の裏側を見るツアーというのに参加してきました。
210225fenice.JPG
2000人収容の大ホールの舞台に立った景色がこれ。ほかにも機材庫、奈落、ピアノ庫、オーケストラピットや4階バルコニー席(めちゃ高くてこわい)などを回っていろいろ見せてもらいました。楽しかったです。

疫病によって学会がオンラインになり、えらい人もそうでない人も自宅や研究室から発表している様子をワイプで見るという体験をしました。これまで、医学系だとパシフィコ横浜とか東京国際フォーラムみたいなハコを借り、プレナリーやシンポジウムに出てくる発表者はいっちゃんでかいホールの舞台に立ってライトを浴びながら巨大スクリーンにスライドを映して話すのですけど、その装置によって「なんかすごい感」が醸されていたのだなあと気付きました。こういうことでヒエラルキーがちょっとフラットになったら面白い。しらんけど。

* * *

はじめての!確定申告!やりました!
昨年、転勤になったので東京の部屋を売ったら売却益が出てしまい、ふるさと納税と合わせての申告。どうやるんだ~と不安だったのですが、意を決してオンラインでやってみたら、わりと簡単にできました。
部屋を買ったり売ったりしたときの契約書などの書類は求められなかったんだけど、それで正確に申告してるかどうか分かるのか?とか、年末調整していることとか全くスルーだったんだけど、マイナンバー使ってるからそうなるのか?とかいろいろ不思議なまま。合ってるかは分からないけど、とりあえず印刷して徒歩圏にある税務署に持ち込んで一区切りだ。

通ってたバーのマスターたち、年明けしばらくしてだんだん表情が暗くなり、申告が終わるとすっきりした顔になるの、あれの気持ちの数十分の1くらい分かりました。

家で昼過ぎまでこの作業をして、あとは仕事のメッセージのやりとりなんかをそのままやっていたら夕方になったので、今日はテレワークだったってことで。

2021年02月22日

牡蠣、大原

宿直明け、友人来たりて大阪城。
210222ume1.JPG
梅林梅林。
そして池田市、「かき峰」。
210222kaki1.JPG
11月から3月までしかやっていないお店で、「行きたい」とつぶやいたら行くことになりました。酢がき、白味噌の鍋、カキフライ、そしてかき飯。
210222kaki2.JPG
海苔にわさびを載せて出汁をかけるうううああああああ
210222kaki3.JPG
次の日は大原に行きました。三千院、久しぶりだけどこんなに懐深かったっけ?というくらい広くて見所がありました。
210222ohara1.JPG
2006年の2月に来たときは雪がこんもり積もっていて極めて寒かったのだけど、今回は暖かくて春のようでした。
宝泉院。血天井(!)の下でお茶とお菓子をいただきます。
210222ohara2.JPG
そして勝林院。木彫りの装飾がきれかった。
210222ohara3.JPG
そんでなんと嵐山に行って、祇園に戻ってきて「いづう」で寿司つまんで解散しました。
210222iduu.JPG
喜んでいただけたようでよかったです。
えっぐい花粉症でました。

* * *

■國分功一郎『はじめてのスピノザ』講談社、2020年。

■宇野重規『民主主義とは何か』講談社、2020年。

2021年02月17日

はじめてのウィトゲンシュタイン

■古田徹也『はじめてのウィトゲンシュタイン』NHK出版、2020年。

12~1月に鬼界訳の『哲学探究』を読んでから「あれ、一体なんだったんでしょう……」と助けを求めて読み始めたのがこれ。『探究』は『論考』をどう乗り越えたのか、以前に、『論考』は何を言っていたのか、というスタートラインのはるか手前に戻って助走をつけるといいのであった。というか遍歴も含めて「ほぼまるごとウィトゲンシュタイン」を示してもらった感じ。そしてこの著者は「ここ重要よ」ということは何度も書く人だったのもよかった。

物事に対して一つの図式的な理解を発見したとき、嬉しくなってそれに固執してしまうことや、「なんかそれっぽい」言葉を「それが意味するのはどういうことか?どういう文脈に置かれているのか?」と吟味せずに使っちゃうこと、紋切り型に育ててしまうことの危険性を思った。それから、自然言語処理ができるアルゴリズムには何が必要なのか、という問題とつながっているのではないかと思った。一方、これだけ熱心に解説してもらっても、なお決定論/自由意思論が無意味というのがすとんと落ちないので、これは後でもう1回。

とはいえ、なんやら5年越しでやっとウィトゲンシュタインの主著を一度歩いた、これで関連書に行ってもいいかな、という気分になった。ぶへえ

以下はメモ。


◆前期の代表作『論理哲学論考』が目指したこと
・有意味に語りうることと有意味には語り得ない、語ろうとすると無意味になることの線引きをアプリオリな形、つまり特定の場所や時代に縛られない形で(=永遠の相のもとに(p.69))やることである(p.38)
・世界に生じうる事態すべてを語れる「究極の言語」でも語りえないものを明らかにすることである(p.53)
・世界の存在理由や観念と実在、普遍的な倫理や美など、哲学的な問題とされていたものは多くが「語りえないもの」の領域に属することを言おうとしている(pp.38-39)

◆語りえないものの一つが「論理」である
・命題とは現実の像あるいは模型である(写像理論)
・単語の並びを、真や偽でありえる「有意味な命題」にする秩序が「論理」である(例えば「雪が降っている」は有意味だが「いる降ってが雪」は無意味)。ただし日本語だとかフランス語だとかの個別の言語の秩序のことではなく、それら個別言語の間の翻訳を可能にするような普遍的な秩序のことであって、それは「こういうものです」と言語によって明示することができない。われわれが端的に理解することによって示されるしかない。世界の外にあって世界に反映されるしかない(p.47)

◆語りえないもののもう一つは「世界の存在」である
・個別のものが存在するということではない。例えば「太陽が存在する」という命題には世界の存在が反映されている、個別のものが存在することによって世界の存在は「示されている」が、それ自体を対象化できない(pp.54-55)
・世界が存在するということは、個別の何かがある、ということとは違った単なる「ある」「存在する」ということで、そのことに有意味に問うたり答えたりできない(p.69)

◆独我論、実在論も語りえない
・独我論とは「世界とは私の世界である」との形態をとる(p.60)
・世界のあり方について何ごとかを語っている私(形而上学的な主体、あるいは哲学的な自我)自体は対象化できない。それは世界の中というより世界の限界、世界の可能性それ自体のことである(pp.61-62)
・「そこにあるものは私が見ているそれだ」を積み重ねていく=独我論を徹底していくと、結局単に実在を語っているのと違わなくなる。結局、私はそこに世界のあり方が反映しているところのものである。そして両方とも語りえない(pp.64-65)

◆決定論、自由意志論も語りえない
・世界を永遠の相のもとに(=ありとあらゆる事態の可能性を含む世界全体を)眺めるとき、そこで実際に起きる事態はすべて偶然である(pp.69-71)。太陽が明日も昇るというのは必然のように思えるが、今日いきなり爆発してなくなる可能性もある
・必然性は論理的必然性のみであり、ある出来事が起きたことと別の出来事が起きることは「推測」できても「推論」はできない。論理の外ではすべてが偶然である
・因果関係はどれも必然的ではない。「世界は自然法則に支配されている」「自由意思が存在する」は無意味である。因果関係はさまざまに説明されてきたが、そのやり方は一つではない(例:神を持ち出すか、自然法則を持ち出すか)(pp.72-79)

◆価値、幸福、死も語りえない
・世界を永遠の相のもとに見ると、すべての事態が偶然なので重みはつかず、価値の大小もない。世界に驚く、奇跡として見ることができるだけ(pp.78-87)
・「アプリオリに満たされる」??(p.87)

◆そして、『論考』の主張もまた無意味である
・触媒としての、通り過ぎるべき書物(p.91)

◆「像」の前期→後期:世界の模型→イメージ/確定的→大体/永遠の相→生活実践
・前期における像:世界のあり方を写し取る模型としての像(p.132)
・後期における像:物事に対する特定の見方をするときに人が抱いているイメージ。「人間の行動は石の落下運動のようなものだ」というとき、石の落下のイメージ(像)で人間をとらえている。これを言うとき、石を思い描いているのではなく、石「になぞらえて」把握しているという意味での像(pp.129-130)
・ただし「泥棒の行動を石の落下のように捉える」といっても、「法則性を見いだそうという科学的な視点」と「責任がないことを言おうとする法律家の視点」がありうる。像は物事の見方や活動の仕方を確定的ではなく、曖昧に方向付けるものだということ。「自然法則による決定論」の企ては結局ぼんやりしている(p.136)
=あるいは「意味不明(≠無意味)である」(p.138)
=「アプリオリに有意味」ということはいえない、文脈による、「…とはどういうことか?」「具体的に何を言っているのか?」と問わなければならない、という点で前期の『論考』批判になる(p.141)
・どんな記号列でも、それを有意味にする文脈がないとは限らない(p.155)
・「永遠の相のもとに世界を見下ろす」こともまた一つの像にすぎない(p.163)→後期は「地上に降り立つ」

◆『哲学探究』の問題提起
・アウグスティヌスの例:机を指さす→「机」という語を理解する。言葉=指示対象、というのはしかし、名詞という限定的な言葉にあてはまるだけの像ではないか。「5」とか「赤」は何を指しているのか?(pp.168-172)ごく限られた例に依拠してすべてを説明しようとする(こういう発想に縛り付けられている「精神的痙攣」p.198)ところに哲学の混乱の根があるのではないか(p.175)

◆本質論を地上に引き下ろす道具
・規則のパラドックス:「0から2を足していく」―規則は原理的にはどうとでも解釈可能(アプリオリに意味が決定していない)。行為の仕方を一意に決められない。言葉の意味(例:「石を拾う」)も実は不確定である(pp.176-183)
・言語ゲーム:では言葉の意味は何によって決まるか?生活の中での使用である。「言葉と、それが織り込まれた諸行為の全体」が言語ゲームである←→「語は対象を指示する」。(pp.183-186)
・家族的類似性:「ゲーム」と呼ばれるものも、すべてに共通する本質があるわけではない。互いが何かしら似ており、共通性は生成変化する。言語ゲームでも「報告」「推測」「仮説検証」「創作」……などいろいろ
・いずれも「○○とは何か」を地上に下ろしてくる営みである。「普遍的で形而上学的なことを言いたくなったとき、そこで自分が本当はどんな具体例を思い描いているのかと問うこと。普遍的な意味を持つと言い張る像について、その像はどこから取って来られたのかと問うこと」(p.191)。
・哲学は「人間の自然誌」を考察/創作!すべきだということ(p.195)
・地上に下ろしても言葉の意味はいろいろ。例)粒子。砂粒のことか、量子のことか、等(pp.193-194)

◆方法としての「形態学」
・ゲーテの「形態学」:外見上は違う個物に共通する「内的なもの」を見いだす。植物をいろいろ見ているうちに「原植物」の存在を確信する。原型→そのメタモルフォーゼの反復、という図式。「葉」という「原器官」=隠された原型の発見。進化発生学のほか、フレーザー、シュペングラーなどへの展開(pp.196-199)
・それはイデア的なものかも。シラーの批判。cf.「犬」というものは存在するか?
・ウィトゲンシュタインによる受容:個物の間に類似性や連関を発見することによって「展望をきかせる(全体を秩序づけてみることができるようになる)」という効用
・ウィトゲンシュタインによる批判:ただし、連結項の発見の仕方(見る視点)は一つではない。「原型」もまた一つの「像」である。像に合わせて現実を歪めていないかは注意が必要。あくまで現実をあるがままにどう描くかに使うのが像である(pp.206-214)し、★一つの連結項を発見しても探究を止めないことが、硬直から解放されるために必要である(pp.223-224)
・連結項は創作されることもある cf.社会契約説における「自然状態」(p.219)
・アスペクト:連結項を見いだすことで、日常の見方の転換がもたらされる(pp.220-221)そして多様なアスペクトを(見下ろすのではなく)見渡すことであるがままに捉えられる物事が存在する(p.224)

◆心、知識、アスペクト
・多様な心的概念に対して、心を物のようにとらえる像(例:痛いの痛いの飛んでいけ)に固着してしまうことの問題。奴隷制度に対する怒り、のような「評価としての感情」に目が向かなくなること(pp.243-245)
・特定領域の神経細胞の興奮という像としてだけ見ることの問題。「悲しい」の持続は、その間にちょっとした楽しさや気散じができていたとしても持続している(=物理プロセスと無関係な感情の持続がある)という事実が見えなくなること(pp.245-248)
・「私が悲しいことを私は知っている」の無意味。知っているかどうか疑える場合に「知っている」は意味を持つが、無意味なものに意味を感じてしまうときには、文法を見渡すことができていないのかもしれない
・「アスペクトの閃き」。無秩序に見えていたものが急に秩序だつ。関連性が見える。数列の一般項が見える。しかし「分かった」ということはその一瞬の閃きの像のことではなく、その後に正しく実践できるか(例:数列を正しく書いていけるか)という「状況」によって示される。
・アスペクトの閃き自体も、さまざまなパターンが家族的類似性でつながってできている概念である(pp.283-286)
・「アスペクト盲」

2021年02月14日

加太

シフトを外れるかわりにずーっと続く案件をずーっとやってた1月が終わり、シフトに復帰。宿直明けたらきっちり帰ります。そう心に決めて金曜は昼前に帰った。部内で懲戒処分者が出たとかで夜に緊急会合が開かれ、「よほどの理由がなければ出席を」とのメールが回ったが、あまり関心がなかったのと、概要は社内のポータルサイトで分かったので欠席。

土曜は仕事を投げてきた和歌山在勤の若者とやりとりがてら、「夕陽を見ながらお風呂に入りたいがいいところはないか」と聞いたら「加太の休暇村が好き」と答えが返ってきたので即予約。昼過ぎに南海に乗って和歌山市に行きました。
和歌山市駅で乗り換えた加太線は何やらおかしなことに。
210214nankai1.JPG
終点、加太駅。
210214nankai2.JPG
送迎バスで数分で到着です。
部屋からの眺望最っ高。
お風呂も。
210214kyuka1.JPG
PCを部屋に持ち込んで仕事を片付けたあと、三日月を眺めながらぼーっとしてました。
210214kyuka2.JPG
宿では星の観望会も催されていました。外は寒くなく、プラネタリウム並みに星も見られました。
夜半に東北で震度6強の地震。

日曜は天気悪いかな、と思っていたら全然よかったです。
210214kyuka3.JPG
海を見ながら朝飯食べて、もうひとっ風呂浴びて、友ヶ島に行きますよ。
加太の港。
210214kada1.JPG
フェリーにのって……
210214kada2.JPG
20分で到着です。
210214tomo1.JPG
淡路島と紀伊半島の間を抜けてくる敵を撃つための砲台があった島だそうです.東京湾でいうところの猿島みたいですね。
210214tomo2.JPG
弾薬庫がほぼそのまま残ってる。
210214tomo11.JPG
砲座の跡は丸く残っています。
210214tomo3.JPG
ラピュタっぽいとかなんとか。
展望台に立つと淡路島がすぐそこです。
210214tomo4.JPG
破壊された砲台が残っていたりして、猿島より見所がいっぱい。帰りのフェリーまで3時間半あったのですが、ゆっくり回ったらちょうどいいくらいでした。
210214tomo5.JPG
で、また海もきれいなんだ。汚くて底が見えない横須賀とは大違い。
210214tomo6.JPG
若いカップルと家族連れが多かったです。
確かに結構歩くし、アップダウンがあるので高齢者にはきついかもしれない。
210214tomo7.JPG
廃墟も味がありますねえ。
210214tomo8.JPG
こういうのをセルフタイマーでとってる中年独身男性(小太り)ね。
210214tomo9.JPG
いやもうまったく0密の一人旅で、いろんなことを一時忘れられてよかった。
210214tomo10.JPG
和歌山市駅で降りてラーメン食って帰りました。

* * *

ところで過日、チェーンらしいのですが、会社の先輩に教えてもらった「土佐清水ワールド」でランチしました。かつおとぶりのたたき定食。
210214tosa.JPG
うまかった。なんか段々ナマっぽい魚も食べられるようになってきました。

* * *

7年ほど使ったメガネのレンズを交換しました。度数は全然変わってないのですが、小さい傷が増えてきていたので。
当時はまだ普及していなかったブルーライトカットを付けました。
明らかに分かるくらいクリアビジョンになった。あとなぜかマスクかけて呼吸してレンズが曇ってもすぐ晴れる気がする。ご機嫌です。

2021年02月07日

この週末も京都

土曜はやはり仕事で、しかも来週ちょっとした山場みたいのが来そうでもあり、どうにかして取り返したい気分になって普段は日曜にご厄介になるにしやまさん。
ローストビーフがあった。
210207nishi.JPG
後ろにある濁ったのは会津の宮泉です。久しぶりに飲んだし濁りは初めて。さざえ堂を見に行ってからもう2年もたつのね。

23時台に寝たら3時半に目が覚め、もう一回寝るのに若干難儀した。
起きて朝飯食べたところで札幌の友人から間違い電話が入り、そのまま2時間くらい話してしまったために和歌山の温泉に行こうと思っていたのが行けなくなった。
ので、昼飯食いがてら京都です。また。

京阪は一番前に陣取った。
210207keihan.JPG
七条で降りて京都国立博物館へ。
メジロちゃんがいました。
210107mejiro.JPG
昼飯食おうと思ったらレストランが休業中、自販機も水とかお茶とかの腹の足しにもならないものばかりで使えねえなと思いながら回りました。展示はまあまあよかったですが、奈良博を見てしまうと物量的に足りない印象です。
210207kokuritu.JPG
にしてもなんか食べたい。
と思い、親子丼を求めて祇園「ひさご」まで歩いて行ったら休業中の張り紙。
自分とこのウェブサイト持ってるなら書いとけ、ぼけ。
で「いづ重」入ったら「今日はもうありません!」と追い出された。なんなの。
「景気わりーな」と気を揉む八坂神社のお犬様。
210207yasaka.JPG
緊急事態宣言下の京都は「すいてる」という利点はあるものの、客の減少に合わせた商売になるので飲食はつまんないということがよく分かった。大阪のがまだ全然やってるよね。
いづう、どうかな……と思ったらやってた!!
鯖寿司と小鯛の寿司の盛り合わせをいただきました。うめ~
210207iduu.JPG
軽食のつもりが結構ずしんときた。
喫茶スマートでフレンチトースト食べようかなと思ったのですが、そこまで空腹でなかったのと、待ちが出ていたのでやめて帰りました。
北浜から歩いてたら「とんかつ真」があいてたので滑り込みセーフ。
上ひれです。ふつくしい。
210207shin.JPG
やっとこ納得いった。週末。あー

* * *

正月休みが含まれるはずの1月に普段の月ほども休みが取れず、2月も相変わらずなので、3月に1週間くらい休みを取ったろうかなと思いました。

2021年01月31日

下見的に京都

寒いが晴れたので、京都を散歩してきました。
昨秋に琵琶湖に行った友達が4月にまた京都に来たいと言っているので、ロケハン兼ねて。

龍安寺。
210131ryo.JPG
石庭の15個の石は全てを一度に見渡すことはできない、と言われていたように記憶していたのですが、できました。
右端の石がぎりぎりその手前の大きめの石に隠れない位置に立つと、左端の石も見えます。
俗説だったのだろうか。

構内案内図で「湯どうふ」激推し。
210131ryo2.JPG
3300円の定食を食べるつもりで湯どうふ屋に入らないと見られないお庭がある。
210131ryo3.JPG
湯どうふが嫌なら勝手に飢えれば?
210131ryo4.JPG
ということで、外に出て昼食。井上靖が京大生時代に来ていたという「笑福亭」でにしんうどん、800円。良心的だなあ。
210131nishin.JPG
そして意外と強い味のお出汁もにしんもうまかった。
ちなみに龍安寺は花の季節にはよさそうでした。それで何人か連れなら湯どうふもよかろう。

今日は特に目的というものもなかったんですけど、時間があるから嵐山にでも行ってみるかと嵐電に乗ったら、乗り換えをミスって広隆寺に行ってしまった。
210131koubai.JPG
霊宝館の中は撮影不可につき写真はありませんが、「ここってあのよく歴史の教科書に出てきた半跏思惟像があるとこだよね?」と思ったらあったよ!ていうか国宝ゴロゴロ。不空羂索観音が艶めかしかった。ここは見てよかった。

嵐山は渡月橋を見てふーんといって、あとは歩き回って帰ってきました。
嵐電は西院(「さい」って読むのをやっと知った)まで戻って阪急に乗ると意外とすぐ帰って来られることが分かった。

* * *

大阪着任が昨年の2月1日だったので、今日をもって1周しました。
裁量労働制にも一応の時間管理はあり、1月は違法状態でした。
「まじで人生の無駄だな」とか「懲役刑だな」とか言ってたら若手ちゃんが「異動をお望みなら僕が人事に『あいつにやられた』とたれ込みますよ」と言ってくれたので「是非お願いします。僕も異動できるし、君も病んだことにして暫くバカンスできるし、いいよね」と頼んだら「ウィンウィンですね」みたいな話になったので意外と早く脱出できるかもしれません。

まあほんとにこの1年ほとんど賢くなってないし、あほな仕事で忙しくて帯状疱疹や腸炎になるしで散々だった。ただし暮らしは悪くなかった。

2021年01月27日

マラソンはつづく

ボタニカリー。
210127botani.JPG
ちょっとスパイスカレーに飽きてきたところですが、これはうまかった。
「歯触り」が楽しめたのと、チーズや卵のピクルスなどで最後まで味が変わっていくのが素晴らしかったです。
それとお店のおにいさんの接客!

* * *

辛来飯のカレー、青空blueのうどんもうまかった。

* * *

左手の握力がおかしいんだけど何?

* * *

引き続きマラソン的な仕事です。やりがいは0なんだけど。

2021年01月17日

むつき中旬

気が滅入るので、昨年春にリニューアルして開館した京都市京セラ美術館へ。
210117kyocera1.JPG
音声ガイドが携帯電話みたいに耳に当てるタイプで、それだけでも面倒なのに「音漏れが……」といって注意された。イヤホンで聴くやつにされたらいいのでは。
210117moderian.JPG
江之浦測候所の人の茶室。小田原より先にこっちを見てしまった。
結局一番きれいだったのは三条駅近くのなんてことない夕暮れ。
210117sanjo.JPG
土日は暖かくて、午後4時台の空気に春の匂いを嗅ぎました。
もう一段寒くなることはなるんだろうけど、冬が終わっていく感じはする。

で、いつものにしやまさんで牡蠣の卵とじって何かなと思ったらこれでした!!
滋賀のお酒、笑四季(えみしき)SENSATION半合と一緒に。
210117nishi.JPG

* * *

疫病はなかなか収まらず、この状態がニューノーマルな気がしてきた今日この頃、弊管理人も、その周りの人たちも、とうとう「直接の知り合いがかかった」という状態。
感染対策しっかりやったほうがいいし、やるのは偉いけど、隙を突かれてかかった人を見下しそうな雰囲気を纏った人もいてちょっとね。

* * *

12月からずっと、二度寝、三度寝をしながら9時間くらい寝る日が続いています。
快調な時って6時間で目が覚めるのですが、これは疲れているというよりは朝が来ていることを否認したいんだと思う。
前々から行きたいと思っている定型的で残業の少なそうな職場に、パワハラをした人が行くことになりました。弊管理人も若手をいびって休職させたら行けるのかな。行きたいな。

2021年01月15日

18年

最近は忘れていて、過ぎてから「あっ」となる年も多いですが、今年は忙中なぜか思い出しました。母の命日です。
……と書いて、ちゃんと当日に日記を書いたのはいつかと辿ってみると2018年、2015年、2013年。忘れがち。

本家で100歳の祖母と暮らしている伯母が78歳になっているということは、母は76歳なのですが、正直76歳になった母というのは想像できない。先日、久しぶりに夢に出てきましたが50代の見た目でした。そりゃそうか。いずれにせよいつもあまり明るい夢ではない。

去年、高知の職場にいる3年目なのに姉御的な若手のお父さんが亡くなって「忌引きします」という連絡を受けた時に、弊管理人も入社2年目の終わりに親を亡くした話をしたら意外と話し込むことになり(1)弔いが終わると疲れが出て体調崩すので気をつけて(2)喪失感は10年続くと思って付き合って、という定型的なアドバイスをしました。
高知の職場の所属長のおじさんは面倒見の良い人で、若手3人と毎日のように飲み歩いているようなのですが、たぶん理由の一部にはちょっと不安定になりそうな姉御を一人にしないという配慮があるのではないかと拝察しています(大部分はただ飲みたいだけだろうけど)。

人とあまり付き合いたくない弊管理人も、振り返ってみれば意外といろんな人に構われて気が紛れていたようです。

* * *

忙中というのは目下の疫病で、医療関係者でもないのになぜか忙しくなっています。なんなの。今夜は甘ーいワインで晩酌しながらチーかまと崎陽軒のシウマイを食べてしまいました。許されるよね。

管理人

40代に入ってしまいました。未婚、子なし、男、文系学士、30万都市出身。何かありましたらツイッターの@kagakuno_koにご連絡下さい。

アーカイブ