2021年07月26日

高山寺

京都・高雄の高山寺に行ってきました。
鳥獣戯画。ぬこかわええ。
210726choju.JPG
しかし複製のをちょっとしか展示してないの、ちょっとねえ。
日向は暑いけど、日陰に入るとまあまあ涼しかったです。紅葉の時に来るといいと思うけど、今年の紅葉の時期にはもういないんだなこれが。

にしんそば食べて引き揚げました。

* * *

ということで4連休終わり。
引っ越しまで1カ月になってしまった。はや~
会社用の携帯がそのうち取り上げられてしまうらしいので、SIMフリーのを買いました。OPPOっていう安いやつ。

2021年07月23日

大台ヶ原

6時前に目が覚めたので、奈良の大台ヶ原に行きました。
ここな。

近鉄で大和八木に7時半、そこからカーシェアの車で2時間。9時半過ぎで既にビジターセンターの駐車場ほぼ満車でした。たまたま出た空きを華麗にゲット。
最高峰は日出ヶ岳、1695m。涼しい!乗鞍くらいまで見えるらしい。富士山も見えるそうだけどどれだか分からなかった。
210723hinode1.JPG
振り返るとこんな感じ。
210723hinode2.JPG
天気がいいと見えるという熊野灘もかろうじて見えました。大台ヶ原は日本有数の降水量だそうですが、天気図とか見て晴れを確信して来てますのでね。
210723kumano.JPG
昔は森林だったのが、伊勢湾台風で大量の樹木が倒れる
→キャノピーがなくなって下が乾く
→笹が茂る
→鹿が増える
→植物をたくさん食べる
→木が育たない
ということでこの景色になったそうです。つい50年ほどの出来事らしい。へえ。
210723odai1.JPG
一言で言うと「森林の衰退」なのだそうです。
210723koke.JPG
暗いところはコケが繁茂しているものの、確かに笹に取って代わられている感じ。
なぜか神武天皇がいた。東征の時に大台ヶ原を超えたという、いろんな意味で「そうか~?」と思う話によるものだそうです。金鵄に関しては高校の文化祭が「金鵄祭」といい、共産系の教諭が「この名前はいかがか」とか言っていたのを覚えています。どうでもいいけど。
210723jinmu.JPG
そしてハイライト、大蛇嵓(←字出るか?「巌」の異体字。「だいじゃくら」)。
210723daija1.JPG
絶壁の下に蛇の頭みたいな岩があります。その先は霞む山々。
すごい高所恐怖症でなければ絶対来た方がいいと思った。
その辺にいたマダムに携帯預けて写真撮ってもらったら、上の写真撮ってるところまで撮ってくれました。ナイス!!
210723daija3.JPG
テンション上がった。すごい滑る靴で行っちゃって怖かったけど。
全体的にアップダウンはほとんどなく、ハイキングコースって感じです。距離は結構あった気がする。早足で歩いて、写真撮ったりサンドイッチ食べたりした時間を含め3時間ちょい。
210723odai2.JPG
食堂で猪カレーも食べちゃいました。
210723curry.JPG
帰りしな、日焼け止めを落としたくて山鳩湯というところで日帰り入浴したんですけど、ぬる湯ですっごく良かったです。満足満足。

* * *

今週は引っ越しの下見に来てもらいました。
会社からの補助の上限が84万円なんですけど、現下の疫病のせいで船便、航空便とも遅れが出ており(現地税関も含め)、かつ高騰しているという非常に不利な条件らしい。
もともとスーツケース1個で1年留学したくらいなので、そんなに沢山の荷物を持って行けないなら現地調達でいいかという気になってきました。
今行ってる(弊管理人が交代する)人によると「歯ブラシは買いだめしてきたほうがいい」そうです。

* * *

某若者が鬱病の診断書を取ってパワハラ申告してお休みに入るとの知らせ。
やらかしたのは弊管理人よりちょっと下のおじさん職種のようです。
このやらかした人、昔はむしろやられてた側と聞いていたので若干の驚きがありました。最近本社から来てるんだけど、おじさんワールドの本社の感覚でやっちゃだめなんだよ。われわれは「ちゃんとした情操教育を経てない90年代ども」に苛まれ、しかし「私の不快を許さない若手ちゃん」には気を遣わないといけないというなんか損な世代なのです。

まあ同世代にも「私の不快を許さない」というだけの好悪の問題をそれっぽい論理くっつけてごまかす面倒な人、いるけどね。

2021年07月18日

若狭湾

奈良の大台ヶ原に行こうと思ったら太平洋側の天気が悪いのの影響がちょっとあるようで晴れが見込めないということで、ふらっと日本海側に行きました。

6時起き・7時出発で長浜まで新快速で行って、カーシェアで三方五湖レインボーライン。
210718mikata.JPG
めちゃきれいだった。
あと「淡水」でうな重。
210718unagi.JPG
三方五湖のうなぎだそうです。見た目かなり淡泊なのに、しっかり香ばしくてタレも濃いめでかなりうまかった。結構待ちます。12時くらいとかの2時間待ちの時間帯に番号とって、どっか一カ所観光してくるといいかもしれない。順番が近づくと電話で呼んでくれます。
そんでエンジェルライン→さば街道→奥琵琶湖パークウェイ
210718okubiwa.JPG
200キロちょっとのドライブ。気が紛れた。あと、土曜からちょっと下を向くと首いわすかも、くらい首から肩がやばい感じで凝っていたのが、日曜夜にはだいたい回復しました。何だったんだろう。寝違えた?眼精疲労?

2021年07月17日

海と徳

夏休みには読み終わっていたやつ2冊。

■石牟礼道子『新装版 苦海浄土』講談社、2004年。

今頃読んどんのかい、と自分でも思うんですが。
あまりに体臭と潮と陽光が匂い、言葉になった饒舌とならなかった饒舌に満ちていて、レコーダーを回したわけではないだろうに、すごいメモ魔なのか記憶力なのか、と思いながら最後まで読んでみたら解説で種明かしがしてあってのけぞった。そしてこの本が第1部で、まだ2と3があることにものけぞった。

ちょっとでも時間があれば手にとってページをめくってしまう読書は久しぶり。天と人のあわいに立ち、両方を溶かし合わせたような本で、書かれていることは激烈なのだけど、しかし何年か前に車で通り過ぎた美しい不知火海の記憶を蘇らせ旅に誘う本でもあり、水俣にはいつか行かなければならないなと思いました。夏休みの行き先候補の一つとして真剣に考えたんですが、梅雨の最後に大雨が降っていてかないませんでした。いつかね。

超自然的なものを信じる、感受するというのはどういうことなのか、というのを西洋的にいうとこう、というのが↓の本に出てきて、そちらも印象に残ってます。↓のほうを先に読みました。

* * *

■Craig A. Boyd, Kevin Timpe, The Virtues: A Very Short Introduction, Oxford University Press, 2021.

徳ね。「結局いい人がいいよな」と思うようになってきました。法則じゃなくて打率。そう考えるようになるのが加齢というか成熟だと思う。

Philosophy of Social ScienceとVirtue Ethicsって留学したときにそれこそ大学1-2年生の授業で出てきた基本なんだけど、不思議と日本の出身校では触れることがなかったし日本語の入門書もこれといったものがないんですよね。何やら前者は今度出るっぽいですが。

【1】
・徳:単なる行動ではない。スキル、卓越性excellence
 ある条件下ではルールを破ることにも
・道徳規則は、優れた人が内面化した行動様式
 ルール≠徳(よい習慣)。社会や伝統のあり方によって変わる
・moral virtue = an excellence in being for the good (Robert Adams)
・第2の本性natureにできるということ。予見可能性が上がるということ
・ニコマコス倫理学:道徳的/知的/実践的な徳
・プラトン『国家』:知恵が欲求を制すること
・キケロ:prudence, justice, courage, self-control
・アウグスティヌス、アクィナス:神に淵源する
 →宗教改革以降は地位が低下。ギリシア的なもの=異教的に
 →近代は道徳法則の時代。帰結、権利論
・ヒュームにとっては「人生を楽しくする道具」
・アリストテレス―アクィナス:いい人生のための道具、かつそれ自体が目的
・Linda Zagzebskiはexemplarist
 1)徳のある人はどう行動するかに注目する
 2)利己性、悪い行いから脱却する道。プラトン

【2】【3】
・基本的な徳
 1)思慮prudence:知性関連の徳。正しい状況認識、考え、感じ、実行
  しかし、思慮ある人がいい人とは限らない
  eg.ガリレオ。ケプラーを正当に評価していたらもっと洗練されたのでは
  ソクラテス:善を知る=不可避的に善を行う。プラトンもほぼ一緒
  アリストテレス:知行分離。知は教えられる。行為は習慣づけ
   ニコマコス2巻。テクネー、エピステーメー、ヌース、フロネーシス
 2)中庸:スコープの広さ
 3)勇気:感情の徳
 4)正義:最も論争的な徳。1)-3)は感情。4)は社会的

【4】イスラム、儒教
・アリストテレスのmegalopsychosは自足的存在。しかしキリスト教神学では傲慢
・イスラムの5本柱、儒教は「道dao」

【5】神学的徳
・世俗的徳に加えてなぜ神学的徳が必要か
・ユダヤ教のrighteousness。神との契約における
・人間的努力を超えたものの要求←→ギリシアの「個人」と「社会」にとっての善
・アウグスティヌスもcardinal virtueだけではだめという
 ・神がrevealするもの。神なくして偉大でありうるというのは傲慢(原罪があるから)
・アクィナスにとっては「完全性perfection」への道
・faith←→迷信、だまされやすさgullibility
 1)自分が十分に知らない真実への同意
 2)状況の変化があっても対象が持続的に信頼できるということ
・hope←→wish
 アクィナス「困難だが可能な将来の善に対する期待」
  ↑神がファシリテートする。物質的hopeではない
 これに対する悪徳viceは「絶望」と「もう達成しているとの思い込み」
・charity、愛love、amor(近親者への愛)、神との友愛 cf.キルケゴール

【6】悪徳
・高慢pride、強欲avarice、怒りwrath、怠惰sloth、大食gulttony、色欲lust

2021年07月11日

なつやすみ振り返り

1週間の夏休みでした。職場で一番乗り。というか今年は早く取ったほうがいいと思うよ。オリンピックとかコロナとかあるんで。

■5日(月)
知人と昼飯、それから羽曳野の「延羽の湯」に行ってだらだらした。
帰りになぜか2人して餃子が食べたくなり、藤井寺駅前の王将で食べた。楽しかった。

■6日(火)
米国大使館でのビザ面接の前乗りで東京。8カ月ぶりか。
歯医者で歯のチェック、今回も問題なかったよう。
なんかこのころ山陰で大雨になっていたようだけど記憶があいまい。
夕飯は大学の時の同期と。なぜか四谷の「時短営業要請を無視してる焼き肉屋」に。焼き肉すっごい久しぶりでおいしかったんだけど、とにかくハイリスクだった。周囲がバカ騒ぎしているので、必然的にこちらも大声で話さないと会話が成り立たない。そうかこうやって「大声・長時間の会食」の場が成立するのな。

■7日(水)
ビザ面接は8:15集合。ちょっと早く入構が始まって、書類をチェック→指紋とって→面接。あんた誰?みたいな人に所属とポジションと勤続年数と何年いくの?みたいなことを聞かれた。前に並んでいたANAのおねいさんたちは勤続年数だけ聞かれて「じゃあ後でパスポート送るからね~」くらいで済んでいたのだが、弊管理人はなんかすごい楽しくなさそうに質問が重ねられた。いやまあ分からないでもないが。そんで門を出たのが8:40。あっちゅう間。

職場にちょっとだけ顔を出して、新橋の富士そばでミニカツ丼セットを食べて、あとは新宿のオッシュマンズを物色したが買うほどのものもなく、伊勢丹でレモンケーキ買おうと思ったら列が一向に進まない(=店員の要領が悪い)ので鈴懸でおしるこ買って新幹線で食べながら帰った。
210711suzu.JPG
熱海のトンネルで減速したので出たところで山側を見たら、救助活動が続いていた。

■8日(木)
後半どこ行こうかな~と思いながら1日が過ぎた。というかすごい雨だった気がする。
堂島のジュンク堂に行って物色。

■9日(金)
結局、雨雲レーダーを見つつ、影響が少なそうな南紀を目指すことにした。
和歌山市駅の近くでレンタカーを借りて12時出発。びゅーんと高速で御坊まで行って「はし長」で昼飯にしたが、ツーリングマップルにはよさげなことが書いてあったわりに定食はケチくさい感じの量だったのでぱっと食って退散。

白浜の「﨑の湯」は波しぶきをかぶるような露天風呂でロケーション最高、お湯もよかったけれど撮影禁止。しわいな。
ということで白良浜へ。
210711shirara.JPG
ちょうど休み前に仕事で扱ったんですよね。うんきれいきれい。
そして雨雲からは完全に逃げることに成功したな。

そこからひたすら運転して潮岬まで行ってしまった。
18時。当然というか灯台は閉まっており、回遊してくる鯨を見張る「鯨山見」という突端部分でちらっと海を見るだけとなった。まあ岬というのは一番先まで行ってしまうと面白いことはあまりない。
210711shio.JPG
気分的にもこれくらいの色合い。

串本の街の中でカレー食って、高台にある大和ハウスがやってるホテルに到着。
7000いくらのわりにはお風呂が大きくて気持ちよく、ビュッフェ形式の朝食も鰹や鯛しゃぶ、梅の翡翠煮など地元のものがいろいろあってかなりよかった。

■10日(土)
9時前に出発して、「古座川の一枚岩」へ。マグマが冷え固まったものが隆起→川が浸食→屏風状の岩になっているというもの。でかい。
210711koza.JPG
いや、社会理論の常套句で「一枚岩ではない」というのがあるので、「いいえ一枚岩です」というネタに使いたいというだけで写真を撮りに行ったのだが、使う場面があるかは知らない。

そんでまた海に出て太地町。
210711taiji1.JPG
車だと本当にすぐ通り過ぎてしまって、なんかちっちゃくない?と思ってWikiをみたら5.81平方キロしかないんだそう。町立の博物館があるんだけど、イルカショーが見たいわけではないのでスルー……
そして道の駅でイルカのすき焼きを食べました。
210711iruka.JPG
オーストラリアの人とかすげー怒りそうですけど、あまりおいしくありませんでした。獣臭いのを葱とか生姜とかで一生懸命消そうとしてる感じ。
港のあたりはこんなところ。
210711taiji2.JPG
ディープエコロジストみたいな人たちがわんさか来たあたりすかね。
那智勝浦を北上。
210711nachi.JPG
道の駅Nazi、なんつって西側を怒らせていくスタイル。
三重県まで入ってみました。
ウミガメのいる道の駅、というので寄ってみたら結構いた。
210711kame.JPG
これは混獲か何かで保護されたアオウミガメの子どもで、そのうち海に帰すそうです。カメはあまり群れないんだって。
その先の道の駅「パーク七里御浜」。
210711mihama1.JPG
ほほう……
210711mihama2.JPG
なんかすごい柑橘推しだった。みかんジュースおいしかった。
で、新宮に戻って神倉神社。
210711kamikura.JPG
分かりにくいかもしれないが、すごい急な石段が続いており、これを汗だくで登り切ると絶景の神社が待っているというわけ。
210711kamikura2.JPG
ということで海辺はおしまいにして、あとはひたすら内陸へ。
奈良県の面積の1/5を占めるという十津川村はずっとこんな感じ。
210711totsukawa.JPG
郷土料理の「めはり寿司」を買いました。高菜で巻いてあるらしい。
210711mehari.JPG
熊野本宮大社に寄った。
210711hongu.JPG
特段の感想はなし。金剛峯寺と合わせてお遍路コンプですかな。しらんけど。
今日の宿は神湯荘。国道から外れて林道みたいなほっそい道を6キロくらい上がったところです。
210711kamiyu1.JPG
安いかわりにトイレなしの別館みたいなところの部屋、というプランを選んだのだけど、空いてたとかでトイレのついた本館の部屋をあてがってもらいました。ありがたい。
秘湯を守る会の会員宿とかで、貸し切り2カ所と大浴場、ほかにちょっと離れたところの川縁の浴場がある温泉自慢のお宿らしい。
210711kamiyu2.JPG
これは素敵な貸し切り湯その1。源泉70度とかで加水して温度を下げているそうですが、それでもちょっと熱かった。でもいいお湯です。
夕飯は川魚中心でなかなか豪華。ご飯は源泉で炊いているそう。
210711kamiyu3.JPG
イノシシのしゃぶしゃぶもおいしかった。これも確か源泉。
210711kamiyu4.JPG
基本のお膳らしいんだけど、十分満腹になりました。

■11日(日)
朝飯はニジマスの甘露煮などこれまたおいしく。
そんで貸し切り露天その2。
210711kamiyu5.JPG
堪能した。出発。
熊野古道、いろんなところに入り口があるんだけど歩いてないなということで果無(はてなし)集落へ。
210711hatenashi.JPG
ほんときれい。ミニマルミュージックみたいな鳥の歌を聴きながら散歩しました。
それにしても「この週末も大気が大変不安定で」という警告をテレビで繰り返していましたが、関西全域そういうわけでもないだろうよ、この空で。脅してばかりいると本当の危機に人は動かないと思う。
210711hatenashi2.JPG
満足した。
あとは谷瀬の吊り橋。
210711tanize.JPG
五條市に出てcafeこもれびの絶景テラス席でピザ食って帰りました。
210711komorebi.JPG
うん、まあまあいい夏休みだった。
とにかく山道をやたら運転した。
あと、歩いてると体調いい。このところのなんか体がおかしい感じは、座りっぱなしの仕事のせいだったようです。
今回は大台ヶ原があまりに遠くて断念しましたが、梅雨も明けるようなので近く再チャレンジを。

2021年06月27日

ひょうご

気象庁の天気予報は全然だめで、週の半ばに「週末雨」といっていて降らない、ということが続いており、この週末も案の定ほとんど降りませんでした。
有馬温泉の有馬ロイヤルホテルというところが、たぶん観光バスの運転手さん用の2畳くらいの部屋を安く出していて、風呂入りたいだけだしそこでいいやと予約したら普通に8畳の部屋をあてがわれました。
210627arima.JPG
風呂は消毒臭かった。でも部屋で読書が進んだ。割引使って6千数百円なのでいいけど、例え豪華な飯が付いたとしても2万、3万出す宿ではないな。有馬は街も別に面白くないので、セブンイレブンでレモンサワー買って部屋に持ち込んで飲んで寝ました。

* * *

翌朝はガラガラの路線バスで新神戸に出ました。
この路線、途中で高速道路を走るんだけどシートベルトないの、いいのだろうか。
新神戸から三宮のほうに降りていく広い道の一本裏、LE BOOZY。
ブランチメニューでパンケーキがあります。
210627leboozy.JPG
胡椒とベーコンとほの甘いパンケーキ、うまいよね。メープルシロップもちょこっと。
10時半くらいに食べたんですが、結局昼飯をスキップしてしまいました。

* * *

特に何があったわけではありませんが、天気のせいかあまり気分の晴れない週末でした。

2021年06月21日

延羽羽曳野

延羽の湯、羽曳野本店。
210621nobuya.JPG
鶴橋より広く、人口密度は低くてなかなかよかった。
自宅からだいたい26km。行きは高速ですぐだったけど、帰りは22時過ぎ発だったので、混んでない下道をゆっくり戻って1時間。大阪郊外ってマクドナルドのドライブスルーがすごい多いですね。
今度は誰かと行きますか。

緊急事態宣言が解除になって、またいろんなところに人が溢れると思うとあーあという気分になります。既に大阪の感染状況は再拡大期の入り口に立った気配があり、土日の梅田はおっそろしく混んでおり、あかんわこれ、と思うのですが、しかし一息入れないと続かないよな。きれい好きな金持ちのエートスだけでは回らないのです。たぶん。

* * *

土日は休みでしたが、遠出せずに終えてしまいました。
日曜は朝から在宅で仕事。しかしこれは弊管理人本来の持ち場の仕事で、こういうのは楽しいからよし。現場に出た若手ちゃんもノリよくやってくれて、それがなんとなくアウトプットが楽しげになったことに反映されていました。

先週は東京からうんこみたいな発注仕事がいっぱい降ってきて、直撃した同僚が本当に辟易して「こんなもん本当にいるんですか」と発注元に問うたものの「いや決まってるから」とすげない対応をされて怒ってました。
しかし思えば発注元って昔、花形職場みたいなところでメンタルやって今の雑用職場に来てたんじゃなかったっけ。この人に感じるある種の無痛覚・無感情・無慈悲な感じは防衛か抑圧によるものなのではないかと思うと、彼個人とともに構造というものの終わってる感を深刻に感じます。

* * *

ま、私いなくなるからもう知らんけど。
というフレーズがいろんな感想に付くようになってきた。
ビザ申請の手続きがいろいろ面倒くさくて遅々として進まないのと、引っ越しの際に荷物がそんなにたくさん送れないっぽいことが分かるなど「めんどくせぇ~」という思いを添えて(こじゃれた料理っぽい)

* * *

そういや夏至はいつだ?と思ったら今日(21日)だった。

2021年06月15日

次のこと

曾根崎、タイ・ヤ・タイ。この辺で当てにしていたお店がやっていなかったので入りました。
あの、なんかね、たぶんここはタイ。まず調味料の匂いと、それからスタッフさんが本式、それから来てる日本人も何かちょっとタイにいそうで笑える。
210615taiyatai.JPG
シーフードカレーも、あ、うん、こうだよな。というカレー。
なんかすごいタイ。もちろんおいしかったです。

* * *

9月の終わりくらいに米国に赴任することになりました。
一度として希望したことはない任地でプル要因はほとんどないのですが、強力なプッシュ要因が大阪の職場です。在大阪でなければ断っていたかもしれない。というか結構な確率で断ってたと思う。

5月上旬に出身部署の部長から電話がかかってきて「来週決めて」ということになったときに何人かに意見を聞きました。経験者は「行くべき。ていうかもう一回行けるなら自分が行く」と口を揃え、これは強力な後押しになりました。一方、弊管理人と交代してもうすぐ日本に帰ってくる現地の先輩はそこまでハッピーそうではなかったものの、弊管理人が行くことについては否定的ではなく、それならまあ、ということで行くという返事をしました。自分がない。

洗濯機や冷蔵庫どうすんだとか、ビザが~とか銀行口座が~とか面倒だし、何よりなんで母国語じゃない言葉で暮らさなきゃいけないんだとかは思うし、テンション高そうな職場なのも老体に厳しいだろうから嫌。一言で言うと気は進まない。

ただ、今までもほっとくと何もしない弊管理人は、状況に流され続けることによってできることが増えてきたとは感じます。なので、今回も芸の肥やしとする機会と捉えるべきなのかもしれない。あと、なんとなく救いは同期(穏やかでいい人が多い)が2人いることか。社内で人事が公示されたら早速、もう何年も会ってない1人から「待ってるよ」的なメールが来ました。ありがたい。

などといいつつ青天の霹靂だったかというとそんなことはなく、おととしの末に出身部の前の部長が弊管理人を大阪にやることを決めたとき、「(普通は2~3年行くところ)1年で外国に出そうと思ってる」と言っていたので、いずれ選択を迫られることは知っていました。だからこの1年余、ハイペースで西日本各地を回っていたんですよね。なべて起きると思ったことは大体起きる。

なんというかこう、涼しい森の中のおうちでロッキングチェアを揺らしながら日がなラジオを聞いて時間を浪費するような生活がしたいのですが、なんで次から次へとやることが増えるのか。

* * *

■ケン・プラマー(赤川学監訳)『21世紀を生きるための社会学の教科書』筑摩書房、2021年。

フィニッシュできなかった。ごめん。これは1人で読むのきつかった。

■奥井智之『宗教社会学』東京大学出版会、2021年。

一方、こちらはフィニッシュした。「神、それは社会である」という副題が既に答えを言っちゃってる。さらに1章で「社会学的に見れば宗教は、一つの信仰と儀礼のシステムである。人々の生活のなかで宗教は、二つの重要な機能を果たしている。一つは不確実性に満ちた世界のなかで、人々に生の指針を提示することである。いま一つは教団の活動を通じて、人々を社会的・集団的に統合することである」(pp.26-27)という主題を提示し、政治、経済、芸術、スポーツ、セクシュアリティ(←これは挑戦的だったが成功しているかどうか)などの中に宗教性を見いだしていくという変奏曲みたいな構成で、後ろに行くほど疲れてきた。『ホモ・ルーデンス』を意識していて確かにそれっぽいのだけど、なんで疲れたのだろう。主題がwell-definedすぎて「またその話?」ってなったのだろうか。

2021年06月05日

京都、泉佐野

この半月は特筆すべきことはなし。
腹の調子が優れずビオフェルミン飲んでました。あと倦怠感や階段上ったときの息切れなど。かるーく某疫病にかかって治ったりしたのかなとも思ったが、これは単に仕事がやだなっていうだけな気はする。あと座ってる時間が長すぎて体力が落ちたというのもでかそう。

* * *

詰め詰めかなーと思っていた週にぽっかり休めそうな日ができたので、3日(木)はズザーっと休日にしました。朝、京都の友人に連絡したら、河原町近辺でお昼を食べることになりました。
「きみや」さんのランチ。
210605kimiya.JPG
麺+丼のセットか、定食かを選べます。今回はハンバーグとエビフライ。
すっごい盛りがいい。そしてうま。え、1000円!?

友人が新しくお店を出そうと思って上七軒(北野天満宮のほう)に借りた住所兼店舗を見に行き、そのあとそこでダラダラしてから、夕闇を待ってホタルを見に行きました。
といっても小雨が降ってきて肌寒い夜だったのでわりと難儀し、最終的には知恩院前のバス停脇の川で見ることができました。あれ、まさかナマでホタル見たの初めてでは?

* * *

そんで5日(土)はふと思い立って南海で泉佐野駅まで行ってカーシェアを借り、犬鳴山温泉に向かいました。山乃湯というところ。駅からは30分かからないんだけど、修験道の霊場とかで秘境感がありすぎ。一度分岐を入り損ねて和歌山県に踏み込んでしまいましたが、戻ってなんとか到着。やってる……よね?
210605onsen1.JPG
やってました。客は弊管理人ひとりだったのでちょっと失礼して写真を。なんか建物傾いでない?
ぬるぬるで昆布だしみたいな香りのするいいお湯でした。
210605onsen2.JPG
早々に戻って南海で寝てる間に終点の難波に着いてしまった。ラーメン食って帰宅しました。

* * *

8月末で大阪から追放というふわっとした予定は仄聞したものの、これまだ本決まりじゃないよな……と思っているうちに意外といろんな人が既に弊管理人の行く末をざっくり知っててびびった。弊管理人どうなるの。

2021年05月16日

西ノ京

近鉄に乗って西ノ京。
薬師寺です。
210516yakushi1.JPG
12年かけて修理した東塔の1階が公開されたので、見に行きました。これ。
210516yakushi2.JPG
創建当時から残ってるのが東塔くらいで、他は落雷や戦災で焼けたものの復刻とのこと。黒っぽく古ぼけた感じ。窓枠を緑(青)、柱を赤く(丹)で「あをによし」にしてフィニッシュしないの?と聞いたら「奈良は修復前、京都は創建当時の色に戻すので今の状態で完成」とのことでした。へー
塔の上についてる水煙(写真でゲジゲジして見えるやつ)は修復時に取り外し、3D計測して複製したのが今のっかってるそうです。ちょうど1300年お疲れ様の古い方が展示されていて見ることができました。会場の係の人に「今のっかってるレプリカ……」と言ったら「あれは新しい本物であってレプリカではない。実使用に供しているものはレプリカとは言わないしあっちが国宝」と軽く怒られました。FAQにでも書いとけ。
あと、坊主の婚礼かなんかを金堂でやってて、撮影禁止って書いてあるのに参列者がスマホで写真撮ってました。いいけど。

で、玄奘三蔵院伽藍へ。
210516yakushi3.JPG
なんかいっこ前の日記で、明治初期の「擬洋風建築」がなんで多角形の塔を持っているかという問題が提起されてたんですけど、これだわな。こういうの載っけたくなったんちゃう。
平山郁夫の「大唐西域壁画」も見られました。
210516yakushi4.JPG
おおきれいきれい。西域行きたいな。
雨脚が強くなってきたな~と思ったら、近畿はきょう最速記録で梅雨入りしたんだって。
お腹が空いたので、「よしむら」でそばを食べました。
210516yoshi.JPG
あ、いや、そばもうまいんだけど、ランチセットの押し寿司がなかなかでした。

近所の唐招提寺です。中学の修学旅行ぶりなので29年か。うひゃー
210516tosho1.JPG
エンタシス、ウズベキスタンを思い出します。シルクロードのあっちとこっち。
修学旅行のとき、一番印象に残ったのが唐招提寺だったと思います。
210516tosho2.JPG
仏像も建物も「すげー」と思うのはやはり薬師寺よりこっちだった。
210516tosho3.JPG
木津川でも思ったけど、弊管理人は緑がわさわさしてる風景が好きなのかもしれない。
210516tosho4.JPG
宝物館も見ました。
210516tosho5.JPG
半袖Tシャツ2枚重ねでほぼ寒い思いをせずにいけました。
夏はもうすぐやね。

* * *

まだ確定はしてませんが、ひょっとして意外と早く大阪を出ることになるかもしれない。
ので、もう本格的に仕事はどうでもよく、毎週末どこに行っておくかだけを考えて生きていこうと思います。

* * *

郷里の叔母が、暫く会ってないうちにいろいろ困っていたことを知り、援助を申し出ました。といっても甥からだと受け取りにくいだろうということで伯母を経由することにし、弊管理人は姿を見せないことにしました。
闘病や介護の負担軽減は難しいかもしれないが、お金で何とかなる部分があるなら何とかすべき。昔からよくしてもらっていた親戚が困窮しているのは悲しい。
親世代はそろそろ生活自立度が怪しくなり始め、同世代は非正規から正規に行くのが難しくなっている。しばらく会えないうちにいろいろな行き詰まりがひどくなっていくのかもしれない。弊管理人自身もいつまでもつやらという気はする。

なんてことを考えながら、ものすごくとぼとぼと奈良を歩いていたのでした。

管理人

40代に入ってしまいました。未婚、子なし、男、文系学士、30万都市出身。何かありましたらツイッターの@kagakuno_koにご連絡下さい。

アーカイブ