2022年08月14日

ルーズベルト島

今日の散歩はバージニアとDCの間、ポトマック川の中州、セオドア・ルーズベルト島。
地下鉄がまた駄目な感じになっていたのでバスでロズリン駅→歩いて10分くらいで橋に着きます。
220814roose2.JPG
テディの像あり。楕円形に近い島の中心と周囲を巡るトレイルを歩いてみましたが、特に対岸が見えるわけではありません。
向かいのジョージタウンがヨーロッパっぽいのは橋の上から。
220814roose1.JPG
弊日記は「報告report」「備忘memo」「治療therapy」のどれかなんですが、この土日は治療(気散じを含む)でした。

・気力と体力が下がってる
・年末年始はマイルで帰ろうかなと思って調べたら既にキャンセル待ち
・暑さが和らいだ
・うっかり夜が遅い
このあたりの複合だと思う。

森の中で停止

今週はいろいろだめで、それは何か失敗があったということではなく、職場の椅子で腑抜けていたのです。腑抜けていたという印象以外にあまり記憶がない。出したメールに返事がないというのも重なった。あと職場の冷房が強すぎて指先がかじかんだ。

返事があったメールの人と会えたのと、たまたまのお誘いをいただいて会った別の人が日本から7月に赴任したばかりの独り暮らしで「土日の食事に困っている」とかつての弊管理人のようなことを言っていて「ですよね分かります!!!」となったことあたりがハイライト。

そんななので土曜は朝から落ちており、しかしこのまま部屋にいると落ちすぎて死んでしまう、と思って昼ごろ出掛けました。

ロートンLortonという町にあるテキサス・ドーナツでドーナツ3つとアイスコーヒーを買って車内で1個消費。店番は恐らく中国系の3人。紙袋に入れるとき、チョコがかかったドーナツはチョコが他のとくっつかないように一番外に向けて入れてくれていた。こういうことってできる人とできない人がいると思う。そういえばアメリカの料理ってソースどばー、チーズぐちゃー、ハンバーガーのレタスぼろぼろぼろー、ポテトわさー、みたいにとにかく「はみ出す」「こぼれる」状態で出てくることが多いんですけど、あれは「そのように盛り付けるとおいしそうだと考えている」のか「盛り付けという概念がない」のか、どうなのか。

そのあと、Prince William Forest Parkというところに行きました。同僚が土曜(つまり今日)の朝6時半集合で仕事先の人とハイキングに行って昼には帰ってくると言っていて、弊管理人は金曜が夜勤だったのでその時間には起きられないが、なんかいいところと聞いたので行ってみた次第。

着いてみるとれっきとした国立公園で例のごとく20ドル取られましたが、公園としてはなかなか素敵です。木漏れ日の中を走るドライブルートと、たくさんのトレイル。説明を読んでもピンと来ないが、good viewというコースに混ざってexcellentというのがあったので、4kmくらいのそのコースを歩いてみました。
結果、突出して景色が素晴らしいわけではなく、くよくよといろんなことを考えながら(蜘蛛の巣が多かったので木の枝を拾ってぶんぶん振り回しつつ)歩いているうちに気持ちがどんどん塞いできました。
ビジターセンターの近くが居やすい木立になっていて、もらったパンフレットでベンチの落ち葉を払って腰掛けました。
220813prince.JPG
7月下旬から日中35度、夕方には雷が鳴って土砂降り、みたいな日々が続いていましたが、土曜に一服した感があります。25度の午後4時、湿気なし。暑くも寒くも暗くも眩しくもない、中性浮力みたいに完全なバランスの空気の中で暫く動けなくなりました。疲れているのかも。

森の中で考えていたのは(1)うまく入らないアポイントメントに端を発した面倒事の多さと(2)そろそろ本格的に倦んでいて仕事辞めたいみたいなあれこれ。なんか随分前からそんなことを時々言ってる気がしており、どこに行っても不満を言う性格なんだと解釈していたんですけど、多分、本当に合ってなくて(局面により速度は違えど)水位が上がり続けているんだと最近思ってます。仮にいま会社が早期退職を募集したら即刻応募すると思う。ただ、そういうきっかけはなかなかない。

帰ってから近所のスーパーで食料品の買い出しをして、豚肉焼いて食べました。成田に住んでたときに空港近くの「米倉食堂」で出していたすごいうまい(が、昼に食べると満腹と臭いで午後働くことができなくなる)ニンニク焼き肉定食に迫る味が出せそうになってきました。
20時を過ぎると日が落ちそうになってる。日差しの角度に秋の気配を感じます。

* * *

ジーニアス英和・和英のアプリ。42ドルくらいだったので、買って携帯に入れました。
大辞典と迷ったんだけど、発音してくれるのと、弊管理人の場合、知らない単語は専門用語よりむしろ日常的に使われるもののほうに多いので、学習辞典のほうが分かりやすくていいかなと。
ちょっと使ってみたらなかなかよい。

* * *

あ、日本は盆休みなのか。

2022年08月07日

ダメリカン運輸

先週後半はヒューストンに出張するはずだったのですが、なんと移動に失敗して行けませんでした。
まず主催者側には先週末に「移動の予定立てたいから始まりと終わりの時間教えて」と連絡したら「明日詳しい日程送るよ!」と返事がきて、じゃあ待つかと思って待ったら来ない。
結局、ウルトラショートノーティスなことに2日前に主催者側から日程が送られてきて「外国人は前日に手続き、当日は朝6時半集合ね」。電話して「前日入り無理なんですけど当日手続きでも大丈夫?」と聞いたら「全然OK!」という意味不明なポジティブ回答があり、行くことに決めました。

しかし前日、予約していた夕方のサウスウエスト航空が(恐らくヒューストンの雷雨により)昼過ぎにキャンセルになり、ギャーとかいってユナイテッド航空を取り直したところ、それも3回の遅れ通知が来た上に最終的に午後7時ごろキャンセルになりました。当日は午後からの合流という選択肢もなくはなかったのですが、朝発の便は既に埋まっており、詰み。
(ちなみに、弊管理人のより2時間早い経由便を取った他社の人は、遅れつつも到着したもよう。でも普通どっちがローリスクかと考えたら直行便なので、同じ状況にもう一回立っても少し遅い直行便をとったと思う)

前日の早い時間の便を取っていれば辿り着けたと思うのですが、昼から午後にかけて「無視しても惨事にはならないが気は引ける」くらいの案件が入っていました。これを家でこなしてから出掛けようという判断がまずかった気がします。

ということで教訓は
(1)実際に行かないと成立しない仕事を優先する
(2)上記のような仕事を脅かす些事は切るか後からやる
(3)夕方以降の航空便は夕立に弱く、遅延や欠航になるとリカバリー困難なため避ける
当たり前といえば当たり前のことです。

* * *

それが木曜で、目を三角にしながら些事と旅程の再構成を同時並行で進めた末に出張が詰んだ午後8時過ぎにはぐったりし、風呂にも入らず就寝。翌金曜日も想像以上に虚脱状態が続いており、週末から夏休みでるんるんの(?)同僚と夕方から飲みに行ってしまいました。

Busboys and Poetsふたたび。
今日はナマズ揚げ。鯉のような臭みはあるが、スパイスと戦わせ甲斐のある白身魚です。多分ソウルフードすかね。左のソースはピリ辛。
220807namazu.JPG
このほかにもフライドチキンとエビカニコロッケみたいのを頼んで、ビールとサングリア。
さらにデザートにチョコレートケーキを2人で1個頼んでコーヒーまで飲みました。
220807choc.JPG
「decaf」のコーヒーを頼もうとしたところ発音が通じず、同僚が代わって注文を通してくれたことで若干またへこみました。

でもまあ全部うまかったし、憂さも晴れかかったよね。ということで地下鉄で帰ろうとしたらどっかで線路が1本閉まってるとかで20分くらい来ない。バスか……と思ったもののバスも次がなかなか来ず、結局隣の駅近くまでバスを求めて歩いてるうちに次の地下鉄が来る時間になったので隣の駅から乗りました。いつもながら駄目メトロ。

* * *

そんで土曜も出掛けようと思ったら乗るはずのバスが予定時間より早く!!目の前を通過していった。全体的にこの週末は交通機関との巡り合わせがだめでした。
キーマカレー再挑戦したら前回よりおいしくできました。それが救い。

* * *

日曜はこれも半年ぶりにグレンストーン。前回は2月で寒々しかった屋外の作品も今回はフルパワーで見ることができました。ただしすごい蒸し暑かった。
220807glen1.JPG
しかしiPhoneの広角はどうなってるんだ。
220807glen2.JPG
結局、クサクサした感じは時間薬で癒えてきました。
木曜、金曜とも9時間くらい寝たおかげで体調はよかったです。クサクサしてたけど。

* * *

ショパンの練習曲10-1は比較的単純な鬼アルペッジョの連続なのに、どこか壮大で、手を付けてみたい気持ちにさせるのはなんだろうとぼんやり感じていたのですが、wikiみてすとんと落ちた。コラール風の進行なんだな。

2022年07月31日

行く、来る、留まる

夏休み明けの月曜は職場の送別会。4年近く頑張った番長(たぶん同い年だが3期下)と任期がほとんど疫病下でいろいろ苦労したボス(税法上の何かのため海外で定年を迎えられないので2年と短めの滞在で交代→東京の出身部で再雇用)。番長はきょう日曜、さよならメッセージを投げて日本に向け出立していきました。ボスは8月半ばのようです。いいな……と思うけど、彼らの出身部は東京にいるより外国駐在のほうが圧倒的に楽しいところだそうなので、実際いいのかどうかは不明。

送別会にはちょうどDCに到着した、番長の後任氏(5期下・当然というか優秀の呼び声高い)が来てました。翌日から家探しし、早々に弊管理人と同じアパートに決めたとのことです。新婚・即・遠距離別居かつ嫁さんは同業他社のため同居予定なし!だとかで、週末一緒に買い物とかメシとか行けるだろうか。週末まで同僚と顔合わせるのはイヤかしら、弊管理人はすごいウエルカムだが一応先輩なのでガツガツ誘うのは憚られるし、とあれこれ。

後任氏はさっそく諸手続の分量にうへえとなってましたが、彼の前回の外国駐在はイランなので「そうはいっても先進国」というハードルの低さはあろうか。そんでまだホテル住まいなのに早速ニューヨークに出張していきました。働きますな。

* * *

スーパーの肉屋でパックではなく重さ指定で「半パウンド(227g)」買う、ということを今頃!初めてやりました。パックだとこの倍からなので、少量買えるっていいな。S&Bの赤缶でドライカレーですかね。
220731curry.JPG
隠し味程度に中濃ソースを入れたらわりと味を支配され、オムレツの具みたいになりました。まあうまいけど。もうちょっと辛味があってもよかったが何で出せばいいのだろう。
目玉焼きで映えようと思ったが、ひっくり返して両面焼いたら目玉が白内障になってしまった。

* * *

火曜、一日頑張って文献読んでアウトプットしたために午前3時ごろまで頭が冴えてしまって眠れず、翌日は8時前から仕事をしたら極度に疲れ、体調を取り戻しきれないまま金曜にまた朝の仕事をして、24時前に就寝し10時間くらい寝ました。

土曜は雨上がりできれいに晴れましたが、ちょっと弊管理人がやったほうがいい仕事だろうな、というのがあって在宅で2件ほどこなしました。ついでに消化すべき雑務もいろいろ進めているうちに夜になり、アパート内のジムで運動してパスタ煮て食べて寝ました。

日曜朝。ちょっとうまいパン食べたいじゃん?ということでマーシャルMarshallというちっちゃい街にあるRed Truck Rural Bakeryに行ってみました。知らなかったけどオバマもパイ食べにきたらしいで。
220731red1.JPG
アパラチア山脈に向かって車で40分。といっても都市部を出ると制限速度が時速112kmになるので距離にすると70kmあります。新宿から焼き菓子食いにっつって観音崎くらいかね……。ともあれ、ここは人口1500人。メインの通りを外れると途端に農村ですが、古い建物を流用した雰囲気よさげなお店がぽつぽつありました。
220731red2.JPG
あればいいなと思っていたチョコの入ったデニッシュがなく、アップルパイとコーヒーを頼んで、カウンターの近くの商品棚でふにゃい紙カップに飲み口のついたプラスチックの蓋を取り付けようと苦戦してたらカップを倒して3分の1くらいぶちまけました。
近くの席でお茶してたおっちゃんとおばちゃんが即座に紙ナプキンで拡散を防いでくれて、コーヒーをかぶった売り物のパイの箱をカウンターに持って申し出てくれたので再三お礼をいうと、おばちゃんから「あたしなんか毎日こぼしてるから大丈夫よー!!」と慰められました。
220731red3.JPG
めげずに窓際でパイを食べていると、二人が外からバイバイしながら帰っていたので弊管理人も頭を下げながらバイバイしました。なんなの。優しいな~。日曜も早よからわたわたしましたが、結果ほっこりした。

ベーカリーを出て数十歩のところに赤いバスが見えます。ジョニー・モナーク?
220731john1.JPG
フードトラックのでかいやつみたいだな、と写真を撮ったら、ちょうどバスの前の飲食スペースから出てきたじいちゃんが「ここうまいぜ~」と話しかけてきました。
「どれがうまいんですか」「全部だよ!あそこの白いシャツの男がジョニーさ」
ちうわけでステーキサンドイッチを頼んでみました。副菜1種類ついて22ドル。おおう結構だな。しかし犬の散歩をしていた老夫婦?も立ち寄ってこれ1個買ってました。まあ2人で分けると思えばね。
220731john2.JPG
でもアメリカ人てこういう鉄板焼き系は上手だと思う。牛肉と玉ねぎ、ピーマン。焼き加減も聞かれました。新商品として推された副菜のブロッコリーサラダは冷たくて意外でしたがさっぱりしたマリネでした。食ってるところにジョニーがきて「どうだい」と話しかけられたので「うまいれふ!」と言ったら「あ~口が一杯なところすまんね笑」と言いながら去っていきました。

しかしこのお店を激推ししたじいちゃんといい、フレンドリーだな。特に何があるわけでもないですが、なんかいい田舎の街でした。

写真が鈍色の空であることから分かるように午後から雷雨の予報が出ており、ぽつぽつ雨が当たってきたので帰りました。サンドイッチは半分残して持ち帰り、夕飯に回しました。冷めたら何か恐ろしくべっとりした油脂のようなものが用器に残ってましたが見なかったことにします。

* * *

「フリーズドライの味噌汁送る」と久しぶりに知らせをくれた実家の父とメール。年後半はこんな予定だよ、というのを書いてみて、毎月大物の仕事がどっかんどっかん入ってくることを改めて認識しゲンナリしました。滞在11カ月目に入ってます。

2022年07月24日

そして夏休みを終わる

夏休み最終日の日曜。ちょっとだけ外出ね。
何かといい評判が聞こえてくるテキサス・ドーナツ。店内飲食がだめだったので車内で1個、家に帰ってから1個いただきました。
220724donuts.JPG
あ、なんか確かにふかふかしててうまい。香りがいいのはなんだろう。そして何がテキサスなのかはよくわからない。

そしてワイナリー。きょうはブルー・フロッグBleu Frog Vineyardsというところ。
220724bleu2.JPG
ブルーチーズなめなめ、ハーフグラスで白。その3倍くらい水飲んでしばらくステイで州法は大丈夫な計算です。ここの白は変な癖がなくておいしかったです。

そこから10分くらいのアウトレットに寄って、何も買わずに帰ってきました。
外は予報通り37度。暑かったです。

* * *

10日休んで換気できました。でも仕事が始まるのはやだな。
今年後半に向けて必要だと思ったこと。
・「できることを増やす」には終わりがないため、引き続き少しずつ「初めて」をやる
・やったほうがいいかなと思ったらとりあえず手を付ける
・食う・寝る・家事はペースを崩しすぎない
・楽をするためにお金を使う
・体は動かすべき
・人と比べない

* * *

■サン=テグジュペリ(河野万里子訳)『星の王子さま』新潮社、2017年。
そういや読んだことがなかったなといって。

■斎藤成也他『図解 人類の進化』講談社、2021年。
初版からもうちょっとアップデートしてもよかったんじゃないかとは思いましたが、全体としてはとても包括的かつ分かりやすかった。編集・校閲がちゃんとしてるんだと思う。

■小林雅一『ゼロからわかる量子コンピュータ』講談社、2022年。
すっばらしかった。

西部どんなとこ(3)

【19日】
もともとダラダラすると決めていた日です。8時間くらい寝て起きると既に外は暑そう。
部屋は涼しくて快適なので、前日買ったサンドイッチを食べてゴロゴロしているうちに昼過ぎになりました。
ホテルのプールを下見。無料のベンチは日陰がなくてむっちゃ暑そう。
220724pool.JPG
水浴びはやめました。
隣のショッピングモールを冷やかしついでに、フードコートで中華をテイクアウトして部屋で食べました。
キンドルで本買って、午後はずっとベッドで読書。十分寝たはずなのにまぶたが下がってきます。これが一番贅沢な時間の使い方なのかもしれない。
シルク・ドゥ・ソレイユの劇場がホテル内にあり、今日を逃したら見られない(20日には公演がない)こともあって、急に21:30の回のチケットをとって行ってみました。
220724cirque.JPG
ていうかシルク・ドゥ・ソレイユって聞いたことあるけどなんだっけ?というくらいの認識だったのですが無国籍エキゾチックなサーカスでした。初めて見た。すごかった。音楽は生演奏でした。そうだよね、演者と息合わせないと事故になりそうですもんね。あと観客の視線を舞台に引きつけてる間に天井からはブランコの人たちが降りてきていたり、合間に道化が出てきたりと場面の繋ぎ方も完成されていた。4段階中安い方から2番目のチケットで、手数料(なんだそれ)込み120ドルくらいしましたが、席はわりと前のほうで満喫しました。でもこれは正面で見ると一番楽しいはず。
動かなすぎて頭ぼーっとしてくるくらいの一日でした。

【20日】
なんかあまりに動かなすぎたのでホテルのジムに行き、隣のフードコートで焼き鳥丼を食べ、散歩がてら近くのショッピングモールを見に行きました。
220724mall.JPG
ヴィーナスフォートのいいやつでした。
ウォルグリーンWalgreenというドラッグストア兼スーパーで寿司買って帰りました。
夕方、日が傾いてきたのを見計らって散歩。ヒスパニックっぽい人たちがいっぱいいるタコス屋があったので入ってみました。Tacos El Gordo、ネバダとカリフォルニアにあるそうです。220724gordo1.JPG
「ティファナから来ました」って。本場なんですかね。
220724gordo2.JPG
シュラスコみたい。そいでぱっぱと薬味(玉ねぎとかパクチーとか)を入れて完成。
220724gordo4.JPG
メキシコのチェリオって感じでしょうか、ハリトスとともに。
220724gordo3.JPG
うん、うまかった。
220724town.JPG
戻って寿司食いました。蒸しエビが食えて満足です。
220724sushi.JPG
ちなみに10ドルちょい。お酒もちょっとね。そういえばウォルグリーンで買うときにID見せろと言われて免許見せたら、レジのおばちゃんが「えっ45歳なの?ちょっと!(隣のおばちゃんに)45ですって!!」って始まった。まあそろそろこういうのも最後かな。

【21日】
11時チェックアウトでどうしようかなあと思ったのですが、核実験博物館というのを地図で見つけたので行ってみました。今回はリフトLyftという配車アプリを初めて利用。ウーバーよりちょっと安いかも。ドライバーさんの取り分も若干多いそうで、アメリカ限定ですがこっちを推す意見がネットにありました。

入っていきなり「ミス核爆弾」とファットボーイ。
220724mus1.JPG
申し訳程度に「焼き場に立つ少年」の写真があったくらいで、おおむね技術的な展示が多かったです。ナチ対抗で始まり、実使用を経て冷戦。大気圏内実験から地下、臨界前くらいまで。
そんなに大きな博物館ではないのですが、飛ばし飛ばし見てもたっぷり2時間半かかり、閉館時間に。売店はキノコ雲がプリントされたマグやTシャツなど不謹慎グッズが充実してました。
出ると46度の世界。きっつ。10分ちょっと歩いてちっちゃいモールでチキンサンドイッチを食べました。
220724bigchicken.JPG
早めに空港に行って読書。空港にまでカジノあんのね。
220724airport.JPG
夜行の飛行機に乗って帰りました。
もはや誰もマスクをしてなく、どこで疫病をもらってもおかしくないなという状況だったので、家に帰る前に行きつけの検査場でPCR検査を受けましたが陰性でした。実は出発前にも濃厚接触者になってたんだけど、PCR陰性を確認して旅立ったんだよね。なんちゅう世の中。

体力の低下および加齢のせいか、あんまり頑張らない夏休みになりました。
でもまあ欧州では人が死ぬような熱波が来てる中だったのでダラダラするしかないでしょ。いや北の方の山間部に行けばよかったのだろうか……
仕事してる時よりよほど英語喋ってたのはよかったです。ツアーで正解。独りで黙って運転してたら辛かったろう。あと暑さのせいか、随所でエンストしてる車を見ました。こういうリスクがないのも便利な点ですね。

ところで、今回の旅行はiPhone13 miniのカメラをかなり使いました。
特にコントラストの激しい場面ではコンデジより相当賢く絵を作ってくれます。
暗いところにも相当強い。超広角も時により便利。
カメラを撮りたいものに向けてちょっと待つと状況をうまく判断してくれるんですね。
ただちょっとのっぺりしてるのと、拡大するとやはり厳しい。
コンデジを完全に代替はできないが、これからはもっと使うかもと思いました。

2022年07月23日

西部どんなとこ(2)

【17日】
朝は7:45出発でホースシュー・ベンドへ。
コロラド川が馬蹄形に湾曲している場所で、写真だと迫力がよくわかりませんがすごい高低差です。
220723horse1.JPG
あぶねえ。
220723horse2.JPG
駐車場との行き帰りはこんなところを15分くらい歩くんですが、周囲もクレーターの中を歩いているようで絶景だと思います。やはり写真だと分かんないけど。
220723horse3.JPG
そのあとモニュメントバレーに向かう途中、カイエンタのバーガーキングで昼飯。なぜかファストフード屋なのにナバホのコードトーカーCode Talker=ナバホ語を使った第2次大戦中の暗号通信兵=の展示があり、そして敵の日本のコーナーもあった。
220723burger.JPG
ガイドさんが「ペインフルな展示を見せてあげよう」と……いやいいです、そういうのは。そしてツアーにイタリア人カップルが3組いたので「昔コラボしたよね」と冗談言ったら「いやうちはヨーロッパ戦線だったから……」とかわされた。うまいな君。
2220723road1.JPG
赤いねえ。
220723road2.JPG
カイエンタからモニュメントバレーまで30分くらいでした。
220723road3.JPG
ビジターセンターのテラスからの眺望がすごくよかった。
220723monu1.JPG
そこからナバホのオフロードツアーに参加。
220723monu2.JPG
2台に分かれて後ろの車に乗ったら前の車が立てた砂埃をがっつり浴びて、後でタオルで顔を拭いたらタオルが真っ赤になりました。
220723monu3.JPG
天井に穴のあいた岩。
220723monu4.JPG
ここの暮らしってどうなんですかね。
220723monu5.JPG
さてページの宿に戻ります。
相変わらず走ってる時間がほとんどのツアーですが、個人的にはこういうの大好き。夢を見ている時のように次々とどうでもいいことを考えて記憶を整理している感じ。口元がずっと動いて声を出さずに何か喋っているので、もし見られていたとしたら奇異なことでしょう。

そういえば前日、ちょうど弊管理人がシャワーを浴びていた時間帯に、同じ棟に温水を供給するボイラーが壊れたらしいです。どうりで水みたいなシャワーしか出なかったわけだ。荷物をまとめて部屋移動となりました。元の部屋は駐車場の前だったのが、移動後は眺めの良い部屋になりました。得した気分(←アメリカナイズされてきた)
220723yado.JPG
夕飯はフライドチキンにしました。「バードハウス」。ううむ店名……
220723bird1.JPG
店内はアジア人客多し。どうも韓国人がやってるんじゃないかな。
チキンはちゃんとおいしかったです。ビールで正解。セットになるサイドメニューにはちゃんとブロッコリーサラダを選びました。こっちの人、すごいブロッコリー食べますよね。
220723bird2.JPG
近くのサークルKでアイス買って宿で食って寝ました。

【18日】
朝6:45出発でアンテロープ・キャニオンへ。
ネイティブアメリカンのおにいさんガイドと一緒に、砂岩でできた谷に潜っていきます。
220723anthe1.JPG
1990年から公開されている比較的新しい観光地とのこと。
220723anthe2.JPG
やっぱりマスクはするのね。
220723anthe4.JPG
異世界。なぜか動画撮影はだめだそうです。
220723anthe3.JPG
そのあと、ダムをちょっと見て、昼食に向かいます。
ユタ州を延々ドライブ。移動時間がそれぞれ2時間くらいある。
220723utah.JPG
住民の半分がモルモン教だって。NYから延々こんなとこに広がっていったのだねえ。

街に出たところでお昼。ゴールデン・コーラルGolden Corralという全米どこにでもある食べほのチェーンだそうです。11.5ドルとかだった気がする。
220723coral1.JPG
すごい安いし味もこれなら十分です。
220723corral2.JPG
ミートローフ推しだった。

そんでネバダに戻ってきました。昔の核実験場の近くを通り過ぎるってんでまた第2次大戦とかヒロヒトがどうだとかの話になってしまった。弊管理人は別に日本を代表してないので知らんぷりしてました。かつてはラスベガスのホテルからキノコ雲が見物できたんだって。

最後にバレー・オブ・ファイア州立公園をちょっと見ました。
220723valley1.JPG
これはこれで荒々しくて見応えあります。
220723valley2.JPG
外気温44度だって言ってた。これくらいになると確かに10分くらいしか外にいられません。ビジターセンターに避難しました。5億年前は海だったんだってねえ。

さて、これでツアーはおしまいです。ガイドさんとドライバーさんにはやはりチップを払うものらしく、1人10ドル×日数が相場のよう。しかし現金の持ち合わせが十分になかったのである分だけ。

解散したホテルからウーバー使って、これから3泊するトレジャー・アイランドTreasure Islandというホテルに行きました。
220723ti.JPG
チェックインはほぼほぼスムーズ。34階の部屋はけっこう広くてベッドはキングサイズ。冷蔵庫とバスタブがあり、空調がうるさくないので居心地いいです。窓からの景色はこんな。
220723ti2.JPG
薬局(CVS)があって食品もそこそこ置いてますが、やっぱり若干高い。しかしルクソールホテルはこの倍くらいで異常だった。
日が傾いていたので出かけられる気温になったっぽい。バスに乗ってフリーモント・ストリートFremont St.に行きました。しかしやっぱりバスは貧乏人が使うものっぽいな。観光客にまじってやばそげな人たちがちらほら。
220723fremont.JPG
アーケードが全面ディスプレイになっていて、なんか女王様みたいな人に尻を叩かれてる人とか、半裸のマッチョに抱きしめてもらってる人などいました。DJがYMCAかけてて場末を感じさせます。天文館あたりのほうがいけてるんじゃないか。喧噪に倦んで早めに引き上げました。昼たくさん食べたせいかお腹があまりすいてなかったのと、ホテルに入ってるチキン屋の店員の態度が悪かったため結局何も食べずに就寝。

2022年07月22日

西部どんなとこ(1)

日没間近の夕立。最寄り駅を降りたらこんな空だった。
220722yugata.JPG
夏休みで今年前半の区切りっていう気分。年の前半は比較的、自分で何しようかなって考えられる時期みたいです。
夏休みに何しようどこ行こうというのを考えていたら段々億劫になってきて、ひょっとして家で寝てるのが一番かもっていう真実がよぎるんですけど、実はもう飛行機もツアーも予約しちゃったんだな。
14日の仕事は自分で切り上げ。「夏休み始まった~!!」という解放感はあった。

【15日】
のそっと起きて支度。13:30レーガン空港発なので正午前に着くように地下鉄に乗りました。
パスポート忘れた……けど免許証があるのでIDチェック普通に通過。Ben'sチリボウルでチリドッグ食べて搭乗。
220722dca.JPG
使ったのはJetBlueという格安航空会社です。使い込んだ感じのある機材でしたが離着陸上手だし、飲み物やスナックのサービスもあるしで全然これでいいなと思いました。アプリを入れると航空券取得まで全く紙がいらなくて便利です。
乗り継ぎのボストンまで1時間半。海辺の空港できれいだった。
ラスベガス行きは777便。これわざと?偶然か。
220722boslas.JPG
17:10発、5時間ちょっとでラスベガスです。途中うとうとしつつ、夏休みの読書として買った『星の王子さま』をあっちゅう間に読み終わってしまい、あとは窓の外を見て過ごしました。
220722mado1.JPG220722mado2.JPG
変化があって楽しかったです。というか出張と違ってやることを考える必要のない航空便は休み感があってよい。
空港からルクソールホテルは近いからウーバー使えばいいなと思ったら33ドルもしました。たっか!しかも地図で見た感覚よりかなり遠かった。
ピラミッドの形をしたホテルです。内側が吹き抜けになってて22階の部屋の外から下見たらめちゃくちゃこわい。
220722luxor.JPG
カジノがありました。やんないけど。あと館内のコンビニで野菜ジュース5ドル、カットフルーツ9ドルというクソぼったくり価格におののいた。そして寝た。

【16日】
5時過ぎに起きて昨日買った野菜ジュースとカットフルーツつまんでチェックアウト。
これから2泊3日で参加するツアーは6時半出発です。アリゾナ州のセドナ、モニュメントバレー、アンテロープキャニオンなどを回ります。3日間の走行距離1700km!
ラスベガスを出たところで既にそれっぽい。
220722gas.JPG
1日目の走行距離が一番長く、総計7時間くらい走るそうです。旧ルート66をところどころなぞってたらしい。ガソリンスタンド併設のコンビニにはグッズいっぱい。
220722seligman.JPG
移動に大半の時間が取られるからだと思うけど、セドナに着いても見栄えのする岩とか、フランク・ロイド・ライトの弟子が作ったチャペル・オブ・ホーリー・クロスとか車窓から見て通り過ぎた!そんで目抜き通りみたいなところに停車して「2時間とるので昼食とってお土産屋さんでも見よう」ってうそでしょ。ありえん。
220722sedona1.JPG
ということでこの2時間は弊管理人の好きに使わせていただくことにしました。ウーバー呼んでチャペルへ行ったる。アプリで車が近づいてくる様子が地図にリアルタイムに表示されるんだけど、渋滞してる道を回避してすっと到着したジモティーのおっちゃん運転手を見て勝利を確信した。
220722uber1.JPG
「3時までにツアーバスに戻らないといけないんだけど、チャペルで何分とれますかね」と聞いたら「30分で余裕じゃないかな。着いたらウーバーの受信切っとくから帰りも俺の車で戻りな。行きはウーバーにいくら取られたの?12ドル?じゃあ10ドル現金でくれればいいから」と超フレキシブル対応。ありがとうおっちゃん~
220722chapel1.JPG
結果としては行って大正解。高台にあるチャペルからは周囲が見渡せて、中も厳かでよかった。
220722chapel2.JPG
「帰りに外からも建物撮りたいんだけど」と言ったらちょうどいいところで止まってくれた。
220722chapel3.JPG
チップはずんで14:20に帰着。「どこに止まったらいい?」と聞かれて「ビジターセンター」と答えたら、暫く考え込んだ末に「Ah, ヴィジローセンロー!!」とアハ体験されてしまった。そんなにアメリカンに発音せないかんの?
220722teriyaki.JPG
で、照り焼きチキン弁当(2300円……)買い込んでバスに戻ってランチ。瞬発力が冴え渡った。ていうかフォトストップしようよ、バスツアーなんだから……
きょうのセドナは43度でした。といっても湿気が全然ないので体感33度とかそれくらいです。
途中で給油休憩したフラッグスタッフFlagstaffは標高2000mくらいで、25度と涼しかったです。
220722mado3.JPG
ナバホ・ネイションを延々走りました。そう、ネイションなんだよね。連邦政府とは昔、和平条約を締結しており、条約を結ぶ相手は定義上ネイション。ちなみに全米ではほとんどの地域でマスク着用は自由になっていますが、ナバホ・ネイションでは屋内マスク必須だそうです。あれですかね。ネイティブ・アメリカンは(恐らく社会経済的な理由で)重症化率・死亡率が高いからですかね。

砂漠にはこの日と次の日、夕立が来てました。雨が降ると急にひんやりします。
220722mado4.JPG
アリゾナのページPageという街に投宿です。近くのダムの工事のため1950年代に作られた街だそうですが、ちゃんとでかいスーパーとかご飯屋さんとかがありました。19時近くなっても38度。ですが出かける気力がなくなるほど暑くもなかったです。湿度の影響ってすごいね。
夕日きれいやった。
220722page.JPG
夏休み、もともとはレンタカー借りて砂漠を走るつもりだったんですが、運転は人任せが楽でいいな。あとガイドさんの解説が聞けるのもいい。費用も独りなら自分で全部アレンジするよりかなり安いと思う。あと走ってる間はずーっと考え事ができるのも休みっぽい。
宿にプールがあるから入ると体が冷えていいよ!と言われて水着着て行ってみたけど水が汚そうなのでやめて寝ます。
と書いてからシャワーを浴びたらお湯が低温すぎて冷えた。

2022年07月10日

疲弊とメンテ

この1週間はなぜか寝付きが悪く、布団の中でゴロゴロしているうちに3時、次の日は8時前起床、寝不足で頭痛、でもその夜もなぜか寝付けず、てな具合。土曜は午前中と夜からの在宅仕事でしたが、午前中が終わりきらないうちに気怠さに勝てずPCと携帯を持って布団に入ってしまいました。まどろんでは携帯が鳴り、まどろんでは携帯が鳴り。それでも午前中の仕事が終わったあと2時間ほど寝て回復しました。

残り物で遅い昼食。買い物に行くか……と一瞬思ったものの、もう回復の日と決めて家から出ないことにしました。朝から雨だったのもあってか頭が重くて集中できず、長い文章が読めませんでした。気分もこのところないくらい落ちていました。

だらだらと過ごし、20時になりました。あまりお腹がすいてないので朝飯みたいな夕飯にしました。
220710dinner.JPG
雨は夕方までに止みました。

* * *

日曜は朝だけ雲が残っていたものの、ちょっとドライブに行こう、ということでバージニアの北端くらいにあるハーベスト・ギャップ・ブルワリーへ。
こんなとこ。
220710harvest1.JPG
ウェブサイトによると退役軍人がやってるそうで、退役軍人用の駐車スペースがありました。ほお。
ストロベリーシードルとホットドッグ。
220710cidre.JPG
飲酒運転にならないよう4割くらい捨てた上、このほかにルートビアフロート(つまりノンアル。バニラアイスをカップに落としてからルートビア注いでた……結果浮いたけど)をいただき、ベンチでだらだらしてました。14時くらいから流しのギター弾きみたいのが来て音楽ショーが始まりました。

ワイナリーやブルワリーは遠出したいわけではない休日にふらっと行くのにいいですね。ただ白人がほんと多いです。その次がアジア人で時々見るかどうかくらい。そしてこの人たちは大概、飲酒運転しているのではないだろうか。

* * *

夕方に近所に住んでるボスから「ビール飲まない?」とお誘いがあり、メキシコ料理で一杯やってきました。なんだかんだあって着地した。今週も息災でひとつ。

2022年07月04日

7月4日に生まれて

という映画が中学生のころに公開されてましたが、当地に来てみると、7月4日には「ハッピー・バースデー・アメリカ!」というお祝いの言葉が聞かれました。あのタイトルはアメリカという国家そのものも暗示してたのだろうか。

朝9時から国立公文書館に独立宣言の朗読を見に行こうかなと思いましたが、惰眠を選んでしまいました。タブレットで鑑賞。これ。
220704archives.jpg
しかしパレードは見にいこうということで昼前に出掛けました。えらい。
なぜかいつもパレードの進行方向右側から撮影してしまう弊管理人。
220704parade1.JPG
マーチングバンド(たぶん中学か高校)の女の子が熱中症で倒れた。バンドは何事もなかったように進んでいった。それを見る強そうなおじさんのアンダーアーマーにはフリーダムと書いてあった。
220704parade2.JPG
警察の手際が悪いので、沿道の人たちが助けに入って体に縛り付けてた太鼓を外し、日傘をさしかけ、木陰に引き入れて水を飲ませていました。なんだかんだワシントニアンは親切。このあいだタイ料理を一緒に食べた駐在日本人のおにいさんは「ミシガン大学に留学したときもミシガンは優しいよと言われてましたが、DCはさらに優しい」と評していました。
女の子はちょっとすると回復していました。
近隣だけではなくいろんな地域の高校からバンドがきてました。この「ジョンズボロJonesboro高校」は黒人の子ばかり。赤黒はかっこいいね。ジョージアかな。
220704parade3.JPG
アジア系はなぜか風船使ってるグループが多かった。
         /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ
     三  レレ
220704parade4.JPG
ちなみに上の集団は法輪功です。この後にバンドが続きます。すごいきびきびしてました。
いま親玉がNYにいるんですよね確か。そりゃアメリカになじまないとな。中国に戻ったら殺されるし。
台湾チームもいました。そりゃアメリカに(以下略
ウクライナチームは声援がすごかった。ウクライナのテレビが沿道の人にインタビューしてました。母国で「アメリカが応援してるよ」っていって流すんでしょう。
首都圏チャイニーズ・アメリカンのチームは結構な大所帯だったが声援は少なめ。コミュニスト・チャイナとの距離感はあるだろうけどアメリカの仮想敵国出身。複雑だよな。
これは旗を売ってるおじさん。
220704parade5.JPG
赤/青の服を着てる人も多かった。心置きなく国旗を振れるのは戦争に負けたことがない国ならではでもあり、国旗を振らないと分解してしまうほど他に軸がないからでもあり。
220704parade6.JPG
日差しはきついものの、湿気がないのでちょっと日陰に入ると暑い思いをせず過ごせる昼間でした。確か31度とかそれくらい。
いったん帰宅。ニュースつけたらシカゴの近くでパレードの群衆に向けた無差別銃撃事件が起きてえらい騒ぎになっていました。

夜は花火を見に行きます。
地下鉄のロズリン駅で降りて、さてどちらに向かおうかと思ったところ、人々が同じ方向に歩いて行くのでついていったらアーリントン墓地でした。
この像の前に陣取ります。
220704arlington.JPG
玉屋。
220704arlington2.jpg
21:09開始で30分くらい。日が落ちると涼しかったです。
バージニアンとしては橋を越えてDCに入ってしまうと帰るのが大変だろうとアーリントン墓地どまりにして正解。ちょっと歩いたらバスが来たので乗って思ったより早く帰れました。

ベタな7月4日を満喫した。

* * *

いろいろ迷走した夏休みの行き先をようやく固めました。5日間くらいの中西部ロードトリップを考えていたんですが、1人だとどうしても割高なのと、運転中は写真とったりできないのでツアーにしてしまいました。飛行機とツアーという大枠は押さえたので、あとは今週中考えます。なんか肩の荷が半分以上下りた感じがする。

管理人

40代に入ってしまいました。未婚、子なし、男、文系学士、30万都市出身。何かありましたらツイッターの@kagakuno_koにご連絡下さい。

アーカイブ