« 2020年01月 | メイン

2020年02月 アーカイブ

2020年02月09日

オーサカ所感

2週間の感想。

【食】
・カレーの皿が楕円
・「粉もんばっかだよ」と言われるが、実際たこ焼きはスナックなので口にしないし、お好み焼きは一人であまり食べないのでそうでもなく、むしろ注意しないとカレーや揚げ物ばかり食べてしまう
・食べ物は安くてそれなりだが、おいしいものはやはり探さないとなかなかない

【衣】
・ピチピチのスウェットはいてる人が多い
・半袖の下に長袖を着る人が目に付く

【風土】
・大阪駅周辺以外はわりと空いてる
・周辺の都市、地図上近く見えるけど結構遠くない?
・京都、奈良が近いって贅沢
・平野が広くない(わりとどこでも山がチラチラ見える)
・意外と空がきれいかも

【人】
・動線が交錯した際など、目線は合わせないまでも会釈する人が多い
・知らない人同士でも挨拶ついでに一言交わす、ということが結構ある。Howzitにあまり考えて回答しなくてよいように、こういう挨拶の場面でも頭を使わなくていいのではないかと推測している
・仕事先に軽い気持ちでコンタクトすると「アテンドしましょか」「スライドいりますか」とオファーが返ってくる
・乱暴な人は乱暴な人とやりあっていて、あまりこちらにスピルオーバーしてこない印象

【職場】
・無駄口メールが飛び交ってなくてよい

【職場の若者職位】
・若者職位の人たちが軒並み若く、みんなから「さん」付けで呼ばれている若手の頭級の人でも自分より10期も下だったりしてびびる(若干の例外あり。ちなみに旧職場は若者職位の最若手が30歳、おじさん職位は弊管理人が最年少であとは40代後半~50過ぎであった)
・若者職位に明らかに女性が多いなと思った(弊管理人の同期は女性2割。最近は4割を超えているらしい。そういえば某総務シニアおじさんが「成績順に採ると女性ばっかになっちゃう」と言っていたが、本当ならコトですぞ)
・若者職位にやる気を感じる人がそこそこいてびびる
・おじさん職位に投げてくる成果物は85%くらい「これ要らなくない?」と言いたくなるものだが、そうは言えない(1回言ってしまったが「前からやってるんですけど」と反論されたのであまり言わないことにする)

【職場のおじさん職位】
・現職場は旧職場のようにおじさん職位がブチギレたり若者職位をいびったりしてなくてびびる
・うだうだとご託を並べて降ってくる仕事を蹴ったり、論評するが手は動かさないみたいな旧職場の文化と違って、わりと何でもぱきぱき処理するので、旧職場の感覚でものを言ってると「あの人……」と言われそうで危ないので気をつけることにした
・現職場のおじさん職位の中では、弊管理人は出身母体的にめっちゃマイノリティなので輪から外れていられるのだが、マジョリティの人たちの男子っぽい感じにびびる
・おじさん職位におばさんが1人たりともおらず、ものすごいジェンダー不均衡。もっと上には1人だけいる。これは旧職場と同じ
・10年ぶりにやったけど宿直って眠い。4時間寝られたらよさげだが、こんなんだと翌日のパフォーマンスがすごい落ちるし、脳に老廃物がたまるし、寿命が縮む

といったところがベースラインです。
飲み屋文化に徐々に入り込み、プライベートの知り合いもできてきました。

あと、この数日すっごい寒いです。今日は雪がちらついてました。

2020年02月03日

おでかけと休み明け

電車でぼーっとしたい、ぼーっと。
と思って、鈍行で岡山まで行きました。
途中、日生(ひなせ)でカキオコ。牡蠣のいっぱい入ったお好み焼き。
200203kakioko.jpg
今年、こんなに好きだっけ?っていうくらい牡蠣を食べてます。
日生はこんなところ。
200203hinase.jpg
寒かった。

岡山駅前には桃太郎。
200203momotaro.jpg
学部のちょっと後輩で、今は大学の先生をやってるすな●ら君ぽい。

街は閑散としてるけどきれいはきれい。
200203okayama.jpg
お城に興味はないので後楽園。
200203korakuen.jpg
川、島、ジグザグの橋、小高い丘、田んぼ、畑、神社、茶店。ごくごくモデレートなアトラクションをちりばめたテーマパークだなと思いました。つまり、意外とたのしい。

デミカツ丼が名物らしいです。「やまと」というお店に入ってメニューを見たら急にチャーハンが食べたくなって、思いあまってカツとチャーハンを盛り合わせた料理を頼んでしまいました。
200203demikatsu.jpg
それぞれ食べたほうがよかったと思いました。それぞれはおいしかったです。

ホテルの横に「禁酒会館」。大正時代の禁酒運動の時分の建物で、なんとすぐ先のお城を焼いた空襲を免れたそうです。すごい。
200203kinshu.jpg
そしてちょっと中を見たら今も禁酒相談を受けているっぽい。左横にあるのは聖書売り場。

翌日は津山線で津山に向かいます。
200203bitchu.jpg
備中ってbitch uなんですね。なんとノーティ。

奈義町現代美術館がお目当てでした。荒川修作+マドリン・ギンズなど大きな3作品を恒久展示しています。
200203arakawa.jpg
養老天命反転地、三鷹の天命反転住宅とここで恐らく主要な作品をコンプした。
龍安寺の石庭と公園が鏡に映したように筒の中に配置されているんですが、石庭は上から見たアングル、90度ずれた公園は地面に立ったときの視点で、しかも足下がひん曲がっていて筒自体も傾いており、頭がぐらぐらします。

津山に戻ってぶらぶら。
200203tsuyama.jpg
津山って30人殺しくらいしか知らなかったしJR駅はICカードも使えない田舎だと思っていたのですが、学者をたくさん輩出した城下町なんですね。「津山洋学資料館」は面白く見ました。図録も買っちゃった。

そんで高速バスで帰りました。3時間半。いや結構距離あるんですね。

* * *

転勤休の最終日は、ふらっと法隆寺に行ってきました。
200203horyuji.jpg
家から40分ちょっと。今気付いたのかと言われそうですが、関西住みってむちゃくちゃ贅沢かもしれない。東京で法隆寺展とかやろうものなら「立ち止まらないで下さい」とか言われながら見ないといけない、歴史の資料集で見たような国宝や重文がごろごろしてる。人も少なくて見放題。解説ボランティアのおじいちゃんたちもいっぱいいていろいろ教えてくれます。

そういや真言宗、天台宗より前のこれって何宗なの?と思ったら「聖徳宗」だそうです(ただし宗派として南都六宗の一つ・法相宗から独立したのは1950年だそう)。檀家がいないので檀家回りをする必要がなく、このむちゃくちゃでかいお寺にお坊さんは13人だけなのだとか。

藤ノ木古墳の近くに斑鳩文化。
200203ikaruga.jpg
公文やカラオケやヨーガも文化なのな。

大阪に戻って夜、飲みに行ったらもう何年も会ってなかった知人にばったり。
世間は狭い。

* * *

で、大阪支社に初出勤してきました。眠かった。

About 2020年02月

2020年02月にブログ「すべりどめblog」に投稿されたすべてのエントリーです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35