« 夢1/24 | メイン | ◎港屋 »

潜水士

先週受けた潜水士試験に合格しました。

仕事で海に潜るかもしれないので前もって取っておこうというわけですね。
どんな仕事かにかかわらず業務で海に潜る人は必ず潜水士の資格を持ってないといけないそうです。というわけでメモを。

■試験の概要
 こちらのページ
 年4回、試験は5択40問で、午前、午後に20問を2時間ずつかけて解く。
 10問ごと4つのセクションに分かれており、各セクション4割以上、合計で6割以上の得点で合格。合格率は7割ほど。難易度は車の免許試験よりちょいマニアック、くらいです。午前、午後とも開始から1時間は会場から出られないので、30~40分で解いて見直して1時間経ったら飯でも食いに出る(帰る)くらいの調子ですかね。

■対策に必要なもの
(1)厚生労働省安全衛生部労働衛生課『潜水士テキスト』2100円
 超わかりにくい。ので、ちゃんと読むのは一度で済ませたい。
(2)中央労働災害防止協会『潜水士試験問題集』1680円
 『テキスト』を読んでからだと非常に親切に思える解説つき。問題は80問。本試験はほとんど同じパターンで出るので全問解けるようにしておけば大丈夫。

いずれも最新版を手に入れること。
参考書も少ないながら市販されてますが、「手を動かさないと覚えない」が持論の自分としては参考書は不要と思います。

■勉強のしかた
 試験7日前~6日前:『テキスト』をメモをとりながら通読。
 5日前~4日前:『問題集』を一通り。解説はメモをとりながら通読。
 3日前:『テキスト』を通読(2回目)。問題集で解説されていない部分を書き出す。
 2日前:『問題集』の前回間違えた問題をもう一度解く。
 前日:『テキスト』『問題集』から抜き出して当日用のアンチョコを作る。
 当日:開始前10分くらいでアンチョコを見ておく。
これくらいやっとけば受かります。

ただ暗記するのではなく原理を理解するよう努めることが肝要と思います。そのために重要なのは問題集の解説部分をよく読むこと。

来週にでも労働局に行って免許申請してこようと思いますだ。

コメント (2)

e-com:

お、おめでたう。。。
この初耳の資格をテレビでもぐってる人は皆持ってるわけですな。
受けることは99.99…%ないと思いますが、
その超汎用性の高い対策は、
いつか受ける予定の色彩検定2級用にいただいておこうw

管理人:

潜水士といいつつペーパーテストのみなんで。実際に潜る技術はCカードなりOJTなりで示せということのよう。
合格率5割以上の試験は上記の勉強方法で大丈夫だと思う。っていうかアナタ自分のほうが勉強上手でしょうに。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年01月25日 15:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夢1/24」です。

次の投稿は「◎港屋」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35